ソニー「aibo」の連携アプリサービスを拡充!開発者以外もプログラミング共有やIoT機器との連携が可能に 連携アプリの例を紹介

ソニー株式会社は、およそ一年前の2019年11月11日に、自律型エンタテインメントロボット“aibo”の開発者を対象としたaiboソフトウェアAPI(アプリケーションプログラミングインターフェース)を公開した。これによってaiboを活用したアプリケーションの開発環境が公式に提供されてきたわけだが、今後は開発者だけでなく、すべてのオーナーがこれらのアプリケーションを利用できるようになる。企業や団体、個人の開発した連携アプリケーションが利用可能になる新たなサービスとして、2020年11月27日より開始したことを発表した。

なお、同サービスは「初期設定が完了していないaibo」「本体ソフトバージョンが v2.90未満のaibo」「入院中のaibo」の場合、連携アプリは利用できない。また、国により利用可能できる連携アプリが異なる場合もある。


aiboの連携アプリ

aiboの連携アプリは、インターネットを介してaiboと様々なサービスや機器をつなげることで、aiboのできることを増やせるアプリケーションだ。例えば、aiboをモバイルアプリやWebサービスなどと連携させることにより、今日の天気をaiboがふるまいで教えてくれるアプリケーションの開発もできる。なお、これら連携アプリについて現時点では無償で提供するが、将来的には有償機能を追加する可能性もある、としている。

【連携アプリの公開ページ】「連携アプリ一覧」は、すべてのオーナーが閲覧し、利用できるようになる。また、家電などのIoT機器をはじめとする様々な機器やサービスとの連携を、プログラミング等の専門知識がなくても手軽で簡単に体験できる場を提供する。




現状の連携アプリ

今回のサービス開始にあわせて、すでに2020年1月30日からサービス提供を開始しているセコム株式会社に加え、クラリオン株式会社からの連携アプリも公開される。同時に、事業者を対象としたaibo連携アプリのオフィシャルパートナーの募集も開始。その他、全国の高校生による連携アプリの企画、開発体験イベントも開催し、連携アプリの拡充を推進している。同社は、今後も幅広い企業や団体、個人と協力して、家庭や社会の様々な場面で利用されるaiboの連携アプリを拡充することで、AIロボティクスによる社会価値の創出を目指すと述べている。


セコムのホームセキュリティ

セコム・ホームセキュリティアプリへaiboが登場。SECOM Home Security App.から連携操作をすることで、、aiboが特別な動作(ふるまい)を行う。


■【動画】aiboと、セコムする。



クラリオン株式会社「Clarion Intelligent VOICE x aibo」

2020年11月27日より、クラリオン株式会社の連携アプリ「Clarion Intelligent VOICE x aibo」が公開。このアプリを利用すると運転中カーナビに話しかけるだけで、aiboにお出迎えをお願いすることができる。例えば、「aibo、お出迎えして」と発声すると、aiboが玄関まで来て待機してくれる。


※同機能の利用には、Intelligent VOICEが利用可能なクラリオン製カーナビゲーションが必要となる。



ソニー教育財団主催「aiboが高校にやってくる」を開催

2020年12月17日より、公益財団法人ソニー教育財団主催の高校生向けエンジニア体験イベントで、高校生がaibo連携アプリの企画、開発をする、ソニーものづくり教室「aiboが高校にやってくる」を開催。優秀作品は、連携アプリの公開ページで公開される。



セコムのホームセキュリティ詳細
https://aibo.sony.jp/partner/secom.html
Clarion Intelligent VOICE 詳細
https://www.clarion.com/jp/ja/products-personal/service/IntelligentVoice/index.html
高校生のエンジニア体験イベント
https://www.sony-ef.or.jp/monodukuri/highschool.html
関連サイト
ソニー株式会社

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム