1日掛かる大型遊戯施設の点検もドローンなら数十分で完了 4500万画素撮影「DJI Zenmuse P1」の活用事例で動画で公開

DJI JAPANはサノヤス・ライドと共同で、新たに発表したフルサイズセンサー搭載の航空測量用カメラ「DJI Zenmuse P1」を活用し、遊戯施設の点検業務効率化の推進を目的とした検証をドローンで実施し、その事例を動画で公開した。


コストと時間が掛かる遊戯施設点検にドローンを活用

遊戯施設点検は建築基準法に基づいて定期点検報告が義務付けられている。また、法定検査以外、遊戯施設にも日々の維持保全・運行管理の安全確保が極めて重要。サノヤス・ライドは遊戯施設設計・製造・メンテ修理そしてその運営をメイン業務とし、安心安全にレジャーエンターテインメントを楽しんでもらえるようサポートしている。大型遊戯施設の点検は高所作業になり、危険な作業を伴う。作業の安全性とコスト効率を向上させるために、サノヤス・ライドは2016年からDJI製のドローンを導入し業務に用いている。



共同検証は観覧車などの大型遊戯施設を対象に実施。Matrice 300 RTKにDJI Zenmuse P1を搭載し、画像の処理にはマッピングソフトウェアのDJI Terraを活用。DJI Zenmuse P1は4500万画素の撮影が可能なため、撮影する枚数と飛行時間の短縮を実現。DJI Terraでは生成した点群上で画像の管理を一括して行えるため、必要としている画像へ瞬時にアクセスできる。その結果、従来まで丸一日かけていた処理をたった数十分ほどで完了させた。







今回の実証を経て、サノヤス・ライド取締役 工事部長兼設計部担当の三宅 朋文氏は次のように述べている。

我々のミッションは、安全/安心な遊戯施設を提供し、施設の運営者のメンテナンスのサポートを通して、来園のお客様に心から楽しんで頂ける環境をお届けすることに尽きます。その為には、徹底した点検あるのみです。今回の検証ではDJI製品を活用し、精度の高い点検、安全な作業を担保し、かつ効率面の向上を実証できたと感じております。

実証動画



DJI Zenmuse P1について

DJI Zenmuse P1は地理空間データ収集に特化して作られた最もパワフルなDJIカメラペイロード。地上基準点がない状態でも高い精度(水平3 cm/垂直5 cm)を実現し、一回の飛行で3km2(DJI自社独自検証)範囲をカバーできる。メカニカルシャッターを搭載し、マイクロ秒レベルでモジュール間の時間を同期する刷新されたTimeSync 2.0システムを採用。リアルタイムの位置と方向を補正する技術と組み合わせ、cmレベルでの精度の高いデータを取得できる。DJI Zenmuse P1は2020年11月より先行予約開始しており、2021年から順次出荷開始予定。


ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム