押井守・森本晃司の初コラボ 短編アニメをYouTubeで公開 音声アシスタント搭載スマートイヤホンのある未来を描く KENWOOD

株式会社JVCケンウッドはケンウッドブランドより新発売する音声アシスタント搭載スマートヘッドセット「WS-A1」(2021年1月中旬発売予定)および「WS-A1G」(2021年2月上旬発売予定)のプロモーション動画として、短編アニメーション作品「CONNECTED…」をケンウッド公式WebサイトおよびYouTubeで本日公開した。

同作品は『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』をはじめ数々の作品を制作したアニメ界の巨匠である押井守監督(映画監督・演出家)と、アニメ映画『AKIRA』の作画監督補佐などを務め「GLAY」、「宇多田ヒカル」などのミュージックビデオで活躍中の森本晃司監督(アニメーション監督・映像クリエーター)が初めてタッグを組んで制作。架空の未来都市を舞台に“耳に装着するスマートデバイス”をコンセプトとするJVCケンウッドのスマートヘッドセットを通して「“つながる”ことで広がる未来」を表現した約2分間のアニメ作品。


「CONNECTED…」のストーリー

舞台は架空の未来都市。主人公の女子高生が音声アシスタントを搭載したスマートヘッドセットを装着し、その多彩な機能を使って生活することが一般化した日常を表現している。女子高生はUFOに引き寄せられて未知の生命体と遭遇し、不安ながらもその生命体との交信を経て、どんなものとも“つながる”ことのできる今を喜ぶ姿が描かれている。


主人公である女子高生

スマートヘッドセットを装着

他の登場人物もスマートヘッドセットで交信

未知の生命体との遭遇

未知の生命体と交信

‟つながる“喜び

短編アニメ「CONNECTED…」


押井守監督と森本晃司監督からコメント


押井守監督

「一緒に仕事して以来、森本(監督)の作品はずっと見てきているので、また一緒に組んで仕事ができて楽しかったです。新しいデバイスの魅力を伝えるのにふさわしい作品になったので、楽しんで見てもらえたら嬉しいです」

森本晃司監督

「ずっと描きたいと思っていた「エイリアンとの交信」をテーマに今回描くことが叶いました。エイリアンとの出会いで人々がどのようになるか?お楽しみください。また、押井さんとは久々のお仕事だったので楽しみながら制作しました。皆さんにも楽しんでもらえれば幸いです」


早期購入でサイン付きポストカードをプレゼント

ケンウッドブランドより新発売する音声アシスタント搭載スマートヘッドセット「WS-A1」(2021年1月中旬発売予定)および「WS-A1G」(2021年2月上旬発売予定)の早期購入特典として、先着300名に作品の制作過程で書き起こされたシーンやキービジュアルをデザインした使用した押井監督と森本監督のサイン付き(レプリカ)ポストカードをプレゼント。

また、12月7日(月)~13日(日)の期間、東急田園都市線渋谷駅の改札外コンコースで、同作品のキービジュアルを使用した屋外広告が設置される。


ポストカードイメージ

ポストカードイメージ

ポストカードイメージ

キービジュアルを使用した屋外広告


〜プロデューサーを担当した竹内宏彰さんにインタビュー~

以下、制作エピソードをプレスリリースより引用



Q:押井監督とはこれまでもお仕事をされた経験があったのでしょうか。
A:押井守監督とは、2011年の実写映画『アヴァロン』の宣伝でハリウッドでの特別上映会を実施させていただいた頃からのお付き合いでしたが、実はアニメ作品は本作が初めてになります。

Q:今回の押井監督、森本監督のコラボレーションにはどのような経緯があったのでしょうか。
A:2019年の秋に押井監督から、直接「森本(晃司監督)でやれないかな?」との打診を受けました。最初は何かの冗談かと思いましたが、「押井守原案・総監督、森本晃司監督・デザイン」という作品は個人的にもぜひ見てみたい!との思いから本作のプロデュースを引き受けました。とはいえ、ただでさえ制作作業が遅いことで有名な(笑)、森本監督にアニメーションの主要工程を託すということは非常にリスキーであり、さらにコロナ禍における制作のロックダウン状況も追い打ちをかけてプロジェクトは幾度となく頓挫しかけました。

Q:コロナ禍での制作だったとは思いますが、苦労したことはありますか。
A:制作にかかった約半年間、新型コロナによる外出自粛の影響で、押井監督と森本監督は直接会うことなく作品は完成し、全工程のおよそ90%をリモート制作で実施しました。演出確認のミーティングをはじめ、作品制作の中心となるアニメ制作、CG制作、美術制作などにあたり、スタッフがリモート環境に柔軟に対応してデジタル化を駆使したことにより、予定通り完成することができました。新しいアニメーション制作の可能性を体験できる素晴らしいプロジェクトになったことを制作全スタッフに感謝したいと思います。


オンライン上での修正指示画像

<主要制作スタッフ>

総監督・原案 押井守
監督・キャラクターデザイン・演出 森本晃司
CGI監督・VFX 笹川恵介 (TRICK BLOCK)
美術 金子雄司(青写真)/森本晃司
音響監督 笠松広司(デジタルサーカス)
音楽 木原知明
主題歌 「風は流れて」(FABIENNE)
作詞・作曲・歌 浮 (BUOY)
アニメーション制作 monofilmo /Phy
制作 東北新社 / Take-Y Inc. / Production I.G
企画 中野仁嘉、川辺圭(HAKUHODO Inc.)

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム