JVCケンウッドが音声アシスタント対応スマートヘッドセットを発表 Amazon AlexaとGoogleアシスタント対応モデルを用意

株式会社JVCケンウッドはケンウッドブランドより“耳に装着するスマートデバイス”として完全ワイヤレスイヤホン形状の音声アシスタント搭載スマートヘッドセット「WS-A1」を2021年1月中旬より、「WS-A1G」を2021年2月上旬より発売することを発表した。価格はオープン(市場推定価格は35,000円前後)。片側3個のマイクを搭載して音声アシスタント対応、ハンズフリー通話、ノイズキャンセリング、IPX4相当の生活防水、ワイヤレス充電などに対応している。

音声アシスタントとして「WS-A1」には『Amazon Alexa』、「WS-A1G」には『Googleアシスタント』を搭載。ニュースや天気予報のチェック、リマインドやスケジュールの確認、スマートホーム端末の制御、音楽の再生といった各アシスタントが対応するさまざまな操作をスマートフォンを取り出すことなく声だけで使用可能。また、ユーザーは本体左側のタッチパッドに触れることで「アレクサ」や「OK Google」などのウェイクワードを呼ぶことなく音声アシスタントを起動することもでき、各種通知やお知らせも音声で聞くことができる。


コンセプトは『日々の生活をもっと便利にするイヤホン型デバイス』

高音質・高機能な完全ワイヤレスヘッドホンで好評を得てきた同社は、音楽リスニングや通話に加わる新たな役割として、音声アシスタントに着目。スマートスピーカーをはじめ、テレビやオーディオなど家電分野においてさまざまな音声アシスタント対応デバイスが普及していることを背景に、ヘッドホン/イヤホンが身に着けるアイテムであることから『日々の生活をもっと便利にするイヤホン型デバイス』というコンセプトで、音声アシスタント搭載スマートヘッドセット「WS-A1」、「WS-A1G」を企画・開発した。


会話内容はイメージ

「WS-A1」(Amazon Alexa搭載)および「WS-A1G」(Googleアシスタント搭載)は、同社独自のアルゴリズム採用により、外出時などの騒々しい環境でも音声アシスタントに正確な指示を伝える音声認識を実現。周囲音の遮断と取り込みのシームレスな切り替えや装着したままでも周囲の人の声を明瞭にするなど、音声アシスタントを使いこなせる機能を搭載している。また、新開発の「イヤーピロー」により、長時間使用しても快適な装着を実現。軽量かつ高剛性の金属素材ベリリウムでコーティングした振動板を採用し、ヘッドホン開発で培った技術を生かして音質にもこだわっている。

同機器をスマートフォンとBluetooth接続し音声アシスタントに話かけて声だけで操作することにより、ニュース/天気予報/スケジュールの確認はじめ、ワンワードで複数の動作を行うことができるルーティン機能や、ナビ案内や翻訳、スマートホームの制御などさまざまな情報の確認や操作をスマートフォンを手に取ることなく可能する。


「WS-A1」「WS-A1G」の特長

1.音声アシスタントを搭載し、声によるさまざまな操作が可能
音声アシスタントとして「WS-A1」は『Amazon Alexa』を、「WS-A1G」は『Googleアシスタント』を搭載。ニュースや天気予報のチェック、リマインドやスケジュールの確認、スマートホーム端末の制御、音楽の再生といった各アシスタントが対応するさまざまな操作をスマートフォンを取り出すことなく声だけで使用可能。音声アシスタントは「アレクサ」や「OK Google」などのウェイクワードを呼ぶことなく、本体左側のタッチパッドに触れることで起動が可能。また、各種通知やお知らせも音声で聞くことができる。

2.片側3個のマイクと同社独自のアルゴリズムを採用し、音声や周囲音をコントロールする3つの機能を搭載

イヤホン内マイク構造

■騒々しい環境下でもユーザーの声を音声アシスタントに正確に認識させる「トリプルマイクシステム」機能「トリプルマイクシステム」機能により、外出時など騒々しい状況においても、ユーザーの声を音声アシスタントに正確に認識させることができるため、ストレスフリーな会話が可能。

■周囲音の遮断(ノイズキャンセリング)と取り込みを簡単に切り替えられる「アンビエント・サウンド・シームレス・コントロール」機能を搭載。音楽や動画をじっくり楽しむ際は周囲音を遮断する、駅の構内アナウンスを聞く際は周囲音を取り込むなど、状況に合わせて使える。また、本体右側のタッチパッドを直感的に上下になぞるだけの簡単な操作で、シームレスに周囲音の遮断と取り込みの割合をコントロールできる。

■人の声が明瞭に聞こえる「ボイス・エンハンスメント・モード」機能を搭載。機器を装着したままでも対面での会話や、買い物時の店内アナウンス、施設訪問時の館内放送などが聞きやすくなる。

3.新開発の「イヤーピロー」により、長時間の快適な装着が可能
イヤーピース部とイヤーサポート部で構成する「イヤーピロー」を新開発。イヤーピース部は耳穴にやさしくフィットしやすい同社独自の新形状とし、イヤーサポート部は柔らかい素材と硬い素材の二層からなるダブルレイヤーシリコンを採用。自然な耳当たりを追求した。新たな「イヤーピロー」により、長時間使用しても快適な装着を可能にする。



4.ノイズキャンセリングON時も本体のみで約8時間、充電ケースと合わせて最大約24時間の長時間再生を実現
内蔵バッテリーにより、ノイズキャンセリング機能ON時でも本体のみで約8時間の連続再生が可能。充電ケースによるフル充電を合わせて、最大約24時間の長時間再生を実現する。(ノイズキャンセリング機能OFF時は本体のみで約9時間、充電ケースとの合計で約27時間再生可能 ※使用条件により変わる)

5.Bluetoothに対応し、手軽にワイヤレス再生が楽しめる
Bluetooth対応のスマートフォンやタブレット、PCに収録された楽曲を手軽にワイヤレスで楽しめる。コーデックはSBCに加えて高音質のAAC、Qualcomm aptX audioにも対応する。



6.振動板に口径10mmのベリリウムコーティングドライバーを採用
振動板に軽量かつ高剛性で、内部損失も良く、振動板に適した金属素材であるベリリウムを採用。音声アシスタントやハンズフリー通話時も相手の声をよりクリアに聞くことができ、音楽再生時にはダイナミックで繊細なサウンドを楽しめる。

7.スマートフォン用アプリケーション「KENWOOD Smart Headsets」
同社独自のスマートフォン用アプリケーション「KENWOOD Smart Headsets」で機器の詳細設定や状態確認をできる。


アプリはOS12.4、Android6.0以上に対応

8.充電ケースは、ワイヤレス充電に対応
充電ケースは「Qi」対応のワイヤレス充電器で充電が可能。また、片手で充電ケースをオープンでき、イヤホン本体をスムーズに取り出せるようレイアウトにも工夫されている。



9.雨や水しぶきを気にせず使えるIPX4相当の生活防水対応
JIS保護等級4級(IPX4)相当。イヤホン本体のみ対応。

10.テレワーク時のリモート会議等にも使用できる高品位なハンズフリー通話機能を搭載
Qualcomm cVcテクノロジーと高性能マイクの採用により、ノイズを抑えクリアなハンズフリー通話が可能。テレワーク時のリモート会議等の通話にも使用できる。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム