歩⾏者とモビリティは共存できるか? 東京の丸の内仲通りで⾃動運転の低速モビリティの運行実験 ⼤丸有協議会とBOLDLYが連携

⼀般社団法⼈ ⼤⼿町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会(以下、⼤丸有協議会)とBOLDLY株式会社(ボードリー)は、「丸の内仲通り(東京都千代⽥区)」で⾃動運転モビリティの実証実験を行うことを発表した。実証実験では、丸の内仲通りが歩⾏者専⽤通⾏時間帯となる「丸の内仲通りアーバンテラス」の実施時間中に、低速の⾃動運転モビリティを運⾏し、歩⾏者と⾃動運転モビリティが共存する環境の社会受容性を検証する。期間は2021年3⽉8日(月)〜14日(日)まで。

「⼀般社団法⼈ ⼤⼿町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会」「NPO 法⼈ ⼤丸有エリアマネジメント協会(リガーレ)」「⼀般社団法⼈ ⼤丸有環境共⽣型まちづくり推進協会(エコッツェリア協会)」を⼤⼿町・丸の内・有楽町地区まちづくり3団体と呼び、3団体は連携して⼤丸有地区のまちづくりを推進している。今回はそのうちの1つ⼤丸有協議会による、⼤丸有地区におけるスマートシティのプロジェクトとして実施される。


歩⾏者と⾃動運転モビリティが共存

⼤丸有協議会は2020年3⽉に策定した「⼤丸有スマートシティビジョン」において都市空間の将来像として「都市空間のリ・デザイン像」を⽰し、“誰もが快適かつ安全・安⼼に過ごす”ことができ、また“まちの魅⼒を連続的に体験して楽しむ”ことができる「Smart&Walkable」な道路空間の形成に取り組んでいる。


「Smart&Walkable」な道路空間のイメージ

今回の実証実験は上記取り組みの⼀環としてBOLDLYと共同で実施するもので、⾃動運転モビリティへの約500⼈の試乗を⾒込む。また、⼤丸有地区のワーカーを中⼼に「どのような場⾯において⾃動運転モビリティを利⽤したいと思うか」や「歩⾏者と⾄近距離で移動する⾃動運転モビリティに親近感を感じるか」などのアンケートを実施して、社会受容性の検証に活⽤する。


丸の内仲通りを⾛⾏する⾃動運転モビリティの様⼦(準備⾛⾏時)

なお、実証実験では⼤丸有スマートシティとして構築する都市OS(データ連携基盤)の活⽤により、⼤丸有地区を巡回するバス「丸の内シャトル」と⾃動運転モビリティの位置情報をリアルタイムで確認できるスマートフォンアプリを提供し、快適な移動体験の創出に役⽴つかも検証する。


実証実験アプリを活⽤した位置情報が取得可能(アプリケーションは開発中のもので実物と異なる場合がある)

⾃動運転モビリティの⾛⾏ルート

【実証実験 実施概要】

期間 2021年3⽉8⽇(⽉)〜14⽇(⽇)
<平⽇>11:00〜15:00 <⼟⽇>11:00〜17:00
⾛⾏ルート 丸の内仲通り(丸の内ビルディング前〜丸の内パークビルディング前の往復約 700m)
試乗⼈数 約500⼈(周辺のワーカー:約300⼈/⼀般:約200⼈)
試乗には以下のウェブサイトでの申し込み、または当⽇に現地での登録が必要。乗客の定員が9⼈の⾃動運転モビリティに1便(⽚道)当たり6⼈が試乗可能。
https://autonomous-bus-nakadori.peatix.com
⾛⾏便数 合計82便(平⽇10便/⼟⽇16便)
⾛⾏速度 時速6km以下
役割分担 <⼤丸有協議会>全体統括
<BOLDLY>⾃動運転モビリティの運⾏・遠隔監視、ルートや⾞両、センサーの設定など
備考 ・安全対策のため、⾞両から⾳楽を流し、周囲の歩⾏者に⾞両の接近を知らせる。
・新型コロナウイルス感染症の対策として、乗客の検温および⼿指の消毒を実施する。




人とモビリティが共存する「Smart&Walkable」

⼤丸有地区では新しい技術に対応した便利で快適なまちを実現するため、都市から収集したデータを基にしたシミュレーションなどを⾏い、都市空間のリ・デザインに向けて取り組んでいる。そのコンセプトとして「Smart&Walkable」を掲げ、誰もが快適かつ安全に、また安⼼して移動を楽しむことができるまちづくりを⽬指すと同時に、他地区との連携により⼈と⼈との交流や出会いが拡⼤するまちにすることを⽬指す。


「Smart&Walkable」をコンセプトにした空間では歩⾏者やベンチなどでくつろぐ⼈々と多様なモビリティが共存することを想定しており、歩⾞共存に適したグリーンスローモビリティの導⼊などを検討している。また、交通結節点(駅の出⼊⼝など)にモビリティの乗降場を設置し、異なるモビリティ間でシームレスな乗り換えを可能とする他、モビリティの専⽤レーンを設けることで、域内外への迅速な移動を可能にすることを検討している。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム