「第5回 AI・人工知能EXPO【春】」4/7~9に開催 AIとDX活用、働き方改革を推進する最新テクノロジーが集結 セミナーも開催

日本最大規模のAI専門展「第5回 AI・人工知能EXPO【春】」が東京ビッグサイト青海展示棟で開催される。ディープラーニング、機械学習、エッジAI、自然言語処理、画像・音声認識、対話AIなどAIに関する様々な技術や約200のサービスが出展される商談イベントだ。


同時開催として「第2回 ブロックチェーン EXPO【春】」と「第1回 量子コンピューティング EXPO【春】」も予定されている。日程は4/7(水)~9(金)の3日間。主催はリード エグジビション ジャパン。入場料は5,000円、事前に申請して招待券を入手すれば無料。招待券の申込受付は既にはじまっている。


今回の見どころ

今回は「DX」をキーワードにして、見どころとして下記が掲げられている。

・「DX推進」「働き方改革」の実現に向けたヒントが満載
・「AI人材育成支援ゾーン」「アカデミックフォーラム」を新設
・「ブロックチェーン」「量子コンピュータ」
 DXを推進する最新テクノロジーの展示会を同時開催


注目のセミナー、24セッションを予定

展示ブースのほか、セミナーが24セッション予定されている。
東京大学大学院の教授で日本ディープラーニング協会の理事長 松尾豊氏や、人工知能学会の会長 野田五十樹氏らが登壇する。また、東大とソフトバンクによる世界最高レベルの研究拠点について、リテールAI最新事例なども予定されている。

【開催概要】
第5回 AI・人工知能EXPO【春】
会期:4/7(水)~9(金)
会場:東京ビッグサイト 青海展示棟
無料招待券請求はコチラ
>> https://www.ai-expo.jp/inv_AIh/
公式ホームページ : https://www.ai-expo.jp/ja-jp.html

【同時開催展】
第2回 ブロックチェーンEXPO【春】
小売流通・エネルギー・金融・社会インフラなど、あらゆる活用方法に注目が集まる「ブロックチェーン」の専門展。
https://www.bc-expo.jp/ja-jp.html
第1回 量子コンピューティングEXPO【春】
AIへの応用や自動運転の実現、医薬品・化学素材の開発など、幅広い分野での活用が見込まれ、その活用方法に注目が集まる「量子コンピュータ」の専門展。
https://www.qc-expo.jp/ja-jp.html

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム