「在庫状況を教えて!」声で在庫の有無が確認できるAlexaスキルが登場 「声でZAICO」ハンズフリーで在庫管理業務の効率化に

累計12万ユーザー(2021年3月1日時点)に支持されている在庫管理アプリ「クラウド在庫管理ソフトZAICO」を運営する株式会社ZAICOは、クラウドベースの音声サービスであるAmazon Alexaに対応したスマートスピーカーで、音声による在庫管理を行える音声認識機能のβ版サービス「声でZAICO」をリリースしたことを発表した。


同サービスはZAICOとスマートスピーカーを連携させ、「在庫状況を教えて」など音声だけで在庫管理操作を実現する。作業や荷物で手が塞がる、水や汚れが気になる、手袋をしているなど、手が使えない状況でもペーパーレス・画面レス・ハンズフリー・アイズフリーで簡単にデジタル化された在庫管理を実現し、あらゆるシーンでの生産性をより向上させる。


開発の背景と利用方法

作業や荷物を持っていて手が塞がっている、水や汚れが気になる、手袋をしているなど、在庫管理が必要な状況でスマホやパソコン操作ができない状況では、在庫管理の抜け漏れ、伝達ミスなどが大きな課題となっている。そこでZAICO社ではZAICOとAmazon Alexaによる音声認識機能を搭載したスマートスピーカーに対応し、音声だけで在庫管理業務が行えるサービスを、既存のスタンダードプラン(月額2,980円)で利用できるよう開発した。

同サービスはZAICOのスタンダードプラン(月額2,980円)に加入し、Alexaスキルストアにてβ版サービス「声でZAICO」を有効にした後、Alexa搭載のスマートスピーカーで利用できる。利用できる機能は「在庫状況確認」と「在庫検索」。「在庫登録」や「在庫更新」など他機能についても申請を行っているため、今後利用できるようになる。


ZAICO社今後の展開

ZAICO社は「数えない在庫管理」を目指し、物品の重量を計測し自動で在庫量を管理するIoT重量計「ZAICON」や、1秒間に700個の物品を読み取るRFIDに対応した「R-ZAICO」、無くなりそうな在庫を予測する「AI在庫管理」、画像やバーコードから名前や数量などの情報を自動で登録できる機能などを現在開発してる。同社は「テクノロジーの力で世界中のモノの情報を、集め、整え、提供し、社会の効率を良くする」を実現するため、ユーザーの声を大事にしながら、日々進化していくとしている。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム