5Gと水中ドローンを活用した漁場遠隔監視のデモを実施 NTTドコモとCFD販売が高解像映像の高速通信に成功

シー・エフ・デー販売株式会社は株式会社NTTドコモと共に、水中ドローン(FIFISH V6 PLUS)と第5世代移動通信方式による大容量・低遅延通信を活用したデモンストレーションを行ったことを発表した。
養殖場を水中ドローンで撮影、5Gの大容量通信で高画質な映像を遠隔地の管理センターに送ることで、効率的・安全に状況確認が可能になることが期待できる。


5Gと水中ドローンを活用した漁場遠隔監視のデモンストレーション

養殖場では海中に含まれる酸素濃度や栄養量などを生育に適した状態に保つ必要があり、無給餌養殖では付着生物や海藻が生育を阻害する要因となるため除去作業が欠かせない。潜水士による確認や、生産物を引き上げての確認は費用、労力、安全面で課題があるが、水中ドローンを活用することで、効率的・安全に状況確認が可能になると考えられる。

今回のデモンストレーションは5Gの大容量通信により、水中ドローンが撮影する海中の高画質な映像を遠隔地にいるユーザーのアプリケーションへ伝送する試みで、養殖場にてNTTドコモの5Gネットワークに接続したFIFISH V6 PLUSを遠隔操作し、実際に海中の映像を伝送し、遠隔地に居ながら養殖場の水中環境を高画質かつ、リアルタイムに確認することができた。

デモンストレーションのイメージ



今回デモンストレーションに使用された水中ドローン「FIFISH V6 PLUS」は対象物との距離をロックするソナー、高精度ARレーザースケーラーを搭載した産業用水中ドローン。産業用途の様々なオプションパーツも搭載可能。

現在、水産業界では情報通信技術(ICT)を活用して海中の状態把握を実現し、労働者の負担を削減することが期待されている。シー・エフ・デー販売もこの取り組みに積極的に参加し、水中ドローンを通じて、水産業界に貢献していくとしている。



今後の水中ドローン活用方法

1.養殖状況監視
遠隔地からリアルタイムに養殖の状況把握が可能。タイムリーな監視を行うことで生育を阻害する様々な要因を早期発見し、被害を未然に防ぐことができる。

2.生産効率の高い養殖場所の選定
カキやノリなどの無給餌養殖では、より栄養豊富な場所で養殖を行うことが重要。FIFISH V6 PLUSは様々なセンサーを搭載することが可能で、高画質な水中映像と各種センサーデータを組合せることで、より生産効率の高い漁場の発見が可能。

3.場所に縛られず遠隔地から現地のサポートが可能
経験豊富な漁師や専門家が遠隔地からサポート。現地の映像を共有しながら経験の少ない人材への教育や、専門家の意見を聞きながら作業を行うこともできる。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム