お天気アプリ 「ウェザーニュース」の新CMは天気や地域によって最適なバージョンで放送 全82パターン、声優は花江夏樹(鬼滅の刃)

株式会社ウェザーニューズは累計2,600万ダウンロードを突破した天気アプリ「ウェザーニュース」を台風や大雨、ゲリラ雷雨などへの対策としてさらに多くの人に利用してもらうため、2021年6月12日(土)より新テレビCMの放送をスタートすることを発表した。

新テレビCMの声優(ナレーション)には「鬼滅の刃」の竈門炭治郎や、「東京喰種トーキョーグール」の金木研役などで人気の花江夏樹さんを起用している。

■動画 新テレビCMの例


計82パターンのCMを天気等に合わせて最適放送

「ウェザーニュース」アプリの新CMでは、雨、晴れ、台風など合計6つの天気パターン、放送エリアごとのクリエイティブ、雨雲レーダーや熱中症レーダー、台風情報など合計6つの訴求軸を掛け合わせた、計82パターンを天気やエリアに合わせて最適放送する。ナレーションは人気声優の花江夏樹さん。2021年6月12日(土)より九州・沖縄で放送開始し、順次全国へ拡大していく。なお、新テレビCMはウェザーニュース公式サイト、YouTube公式チャンネルでも公開している。

<天気パターン>





<エリア>





<訴求軸>






お天気アプリ「ウェザーニュース」について

「ウェザーニュース」は株式会社ウェザーニューズが運営するお天気アプリ。業界No.1の観測網とアプリのユーザーから寄せられる天気報告を活用した、高精度の気象情報確認できる。(一部、有料会員向け機能あり)。気象リスクに向き合うプロが24時間リアルタイムで情報を更新し、大雨・台風・ゲリラ雷雨・大雪・地震などの最新情報をいち早く届け、いざという時にも役立つ。また、医師と共同開発した天気痛予報、洗濯物の乾く時間がわかるお洗濯情報など、生活に役立つコンテンツも満載。 昨年は、国内天気アプリiOS/android版共に年間ダウンロード数No.1を獲得し、2021年5月現在のダウンロード数は累計2,600万を突破している。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム