Amazonが日本発オリジナルソング「Alexaサンバ」をリリース 画面付きデバイスでは謎の「サンバダンサーズ」も登場

Amazonは、Alexaが歌う日本発のオリジナルソングに「Alexaサンバ」を追加したことを発表した。夏のAlexaソングと言えば「Alexa音頭」が知られているが、それに続く夏にぴったりなオリジナルソングとして配信されている。Alexaオリジナルソングとしては15曲目となる。

「Alexaサンバ」は、日本のユーザーにAlexaをより広く知ってもらうために作られた、日本発のオリジナルソング。Alexaに「アレクサ、Alexaサンバを歌って」と話しかけると、Alexaがサンバのリズムにあわせて元気な歌声を披露してくれる。

Amazon EchoシリーズやスマホのAlexaアプリで聴けるほか、Alexa ShowシリーズやFire TVシリーズ、Fireタブレットなどの画面付きデバイスのユーザーは動画も楽しめる。
動画では、Alexaの友だち「サンバダンサーズ」が踊る姿が展開される。また、「アレクサ、Alexaサンバの踊り方を教えて」と話しかけると、踊りの解説を聞くこともできる。


「Alexaサンバ」で15曲目

Alexaは、「アレクサ、歌(または曲名)を歌って」と話しかけると様々な歌声を披露。 Alexaが歌うオリジナルソングは、「テクノロジーの歌」「ラブソング」「ゴーゴーソング」などに次いで「Alexaサンバ」で15曲目となる。
2021年からは毎月、新たな曲をユーザーに提供。なかでも2019年7月に発表した「Alexa音頭」は、「アレクサ、Alexa音頭を歌って」と話しかけると、盆踊りの歌や振り付けを動画で楽しむこともでき、夏の定番Alexaソングとなっている。
Amazonはプレスリリースを通じて「Alexaサンバは日本のお客様からの声に応えて制作された、Alexaの元気とユーモアが詰まった真夏にぴったりの1曲です。今年のおうち時間は、ぜひAlexaの歌声とAI(愛)のリズムにあわせて、「Alexaサンバ」を楽しんでみてください」と語っている。


ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム