お天気アプリ「ウェザーニュース」の「落雷レーダー」事前予想の時間を最大90分から3時間に延長 落雷対策や避難に

落雷のリスクを事前に把握し、対策に役立てることが可能になった。

株式会社ウェザーニューズは累計2,600万ダウンロード(2021年5月時点)を突破したお天気アプリ「ウェザーニュース」(iOS版、Android版)の「落雷レーダー」を強化し、落雷の予想時間をこれまでの最大90分から最大3時間に延長した。なお、同機能は、アプリの「雨雲レーダーCh. Zoomモード」の「落雷」ボタンから利用できる。

「雨雲レーダーCh. Zoomモード」




3時間先の落雷の危険性を地図上で確認できる「落雷レーダー」

「落雷レーダー」は、落雷の発生状況や今後の予想を地図上で確認できる機能だ。今回、「1時間よりもっと先の落雷予想を知りたい」というユーザーからの声に応えて、落雷の予想時間を最大90分から最大3時間まで延長した。3時間前から現在までの落雷の発生状況と、3時間先までの落雷予想を、10分間隔で確認することができる。



 

「ウェザーニュース」アプリ:https://weathernews.jp/app/

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム