ユニバーサルロボット、協働ロボットのオンライン展示会を開催へ 過去最多の37社が出展 11/29~

ユニバーサルロボット(以下、UR)は協働ロボットのオンライン展示会「COLLABORATE-URオンライン展示会 2021 AUTUMN」を2021年11月29日(月)~12月10日(金)にかけて開催することを発表した。


初出展の8社を含む過去最多の37社が出展

ユニバーサルロボットが主催するオンライン展示会として第5弾となる今回は、初出展の8社を含む過去最多の37社が出展し、組立や研磨、加工機へのワークの脱着、バリ取り、ばら積みピックなど、URロボットが実現した多彩なアプリケーションを動画やウェビナーで紹介する。また、連日開催するライブウェビナーでは、エンドユーザーやUR+製品メーカー各社による講演の他、経験豊富なURのエンジニア陣が、URロボットならではの特長を生かしたプログラミング方法や、システム構築方法を解説する。登録は無料、期間中は何度でも来訪可能。


出展者一覧

計37社が検査、ばら積みピッキング、梱包・パレタイジング、自動搬送装置搭載、CNC加工機のワークの脱着、研磨、溶接アプリケーション等の事例やデモを公開。

UR+ パートナー

UR SIer



ライブウェビナーの一例

以下を含め、計7のウェビナーが用意されている。

11/29(月)16:00-16:30 URロボットだから簡単にできる!PLCレスの実現
 ロボットシステムの構築を考えた際、PLCと合わせて使用することが主であるが、PLCを用いずにシステム構築することも可能である。PLCなしでロボットシステムを構築するメリットや、エコシステムのUR+を活用することでURロボットであればPLCなしのシステムを容易に構築できることを紹介。

11/30(火)10:00-10:30 発想の転換でプログラミング時間を短縮!ソフトウェアアップデート追加機能紹介
塗布、バリ取り、縫製、研磨、溶接などプログラミングが難しく、設定も長時間を要する仕掛品の加工プロセス。この工程を、発想の転換とも呼べる機能を用いてプログラミング時間を大幅に短縮する方法を、事例を用いながら紹介。


ユニバーサルロボットについて

2005年に設立されたユニバーサルロボットはあらゆる規模の会社でロボット技術による自動化を実現することを目的に、小型で、使いやすく、リーズナブルな価格設定で、フレキシブルかつ安全な協働ロボットの開発に努めている。2008年に協働ロボット第一号を発表して以来、ユーザーフレンドリーな協働ロボットの提供によって大きな成長を遂げ、現在では世界中で販売されている。ユニバーサルロボットはTeradyne Inc.傘下の企業であり、デンマーク、オーデンセに本社を置き、米国、ドイツ、フランス、スペイン、イタリア、チェコ共和国、トルコ、中国、インド、シンガポール、日本、韓国、台湾、メキシコに子会社や支社を擁している。2020年度のユニバーサルロボットの売上高は2億1,900万ドル。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム