発話困難な人が自分に似た声で発話できる音声合成サービス 障害者用意思伝達装置とコエステーションが連携

発話したり、筆談での意思の伝達が難しい人が、自身の声に似た音声で発話できるようになる可能性を持ったサービスが発表された。

エイベックスと東芝デジタルソリューションズが設立したコエステ株式会社は、株式会社ユニコーンが提供する重度障害者用意思伝達装置「miyasuku EyeConシリーズ」に、同社が提供する音声合成サービス「コエステーション」が採用された。これにより、発話や筆談等での意思伝達の難しい人が、「miyasaku」で入力した文章を、自身の声に似た合成音声「コエ(声)」で発話することが可能になる。2021年12月1日(水)より提供開始予定。

「コエステーション」は、声の特徴を学習してテキストから発話させる音声合成技術を活用し、実在する人物の声をもとに生成した合成音声「コエ(声)」のデータを集めたプラットフォーム。有名人のコエを活用したコミュニケーションサービスでの利用や、怪我や病気で声を失った方にコミュニケーションツールとして利用されるなど、様々な方法で活用されているという。

今回、発話や筆談等での意思伝達が難しい人が、視線やスイッチで入力した文章を音声やメールなどに変換し、意思伝達をスムーズに図ることができるサービス「miyasaku」と、同社が一般ユーザー向けに提供しているスマホアプリ「コエステーション」が連携。「miyasaku」で入力した文章を、「コエステーション」であらかじめ作成した人工の「コエ(声)」で発話できるようになる。
また、すでに自力発話が難しく、声を登録することができない人向けには、ナレーターの声を元に作成された男性または女性の「コエ(声)」による発話機能も用意した。

今後も「多様な業種・業態の皆さまとの連携を通じて、エンタテインメント、ビジネス、教育、福祉など、様々な場面での「コエ」の活用を促進していきます」とコメントしている。


【株式会社ユニコーン】
事業内容:通信、計測、情報処理機器に関するシステムの開発、設計及び販売
代表者:代表取締役 中島勝幸氏 小林秀雄
設立日 :1991年3月25日
URL :https://www.e-unicorn.co.jp

【コエステーション】
コエステ株式会社が提供する音声合成を使った声の権利化・流通プラットフォームで、一般人から有名人まで多種多様なデジタルボイスが利用できる。声の特徴をAIが学習し生成されたデジタルボイスで任意のテキストを発話させることができ、外部サービスとの連携により、例えばカーナビやSNS、ゲームなど、音声を使うあらゆるサービスへの展開が可能。

【コエステ株式会社】
事業内容:音声合成コンテンツの企画・制作・開発・流通事業
代表者:代表取締役社長 加藤信介氏
設立日 :2020年2月5日
URL :https://coestation.jp/
■企業向け
・商用利用可能な音声合成サービスとして、プロ仕様で細かい作りこみが可能な編集ツール「エディター」や音声チャットボットなどでリアルタイムに音声合成処理が可能な「Web API」を提供

■一般ユーザー向け
・誰でも手軽に自分のデジタルボイスを登録できる専用のスマホアプリを無償で提供・エイベックスのスタジオで声を収録し、音声合成の専門家が細かい調整を加えることで、スマホアプリよりさらに高品質なデジタルボイスが残せる有償サービス「デジタルボイス・プレミアム」の展開

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム