Tapia(タピア)

ロボット名 Tapia(タピア)
ロボットの特徴・概要等

type01は据え置きタイプのコロッと丸いフォルムが特徴的。
まん丸な目をパチパチさせながらいつでも、どこでも、あなたのそばで生活のサポートを行います。嬉しい時、悲しい時、怒った時、話しかけると、思いがけない回答をしてくれるかもしれません。
業務でも活躍し始めていて、長崎県ハウステンボスの「変なレストラン」、千葉県舞浜地区の「変なホテル」2号館などに導入されています。

販売開始 2015年5月販売開始予定 価格 105,840円(税込)
サイズ H245mm×210mm×210mm 重量 約2.5kg(バッテリー含む)
開発環境 - 自由度 2 (左右:175度、上下:15度)
バッテリー リチウムイオン10400mAh 充電時間 最短6時間、稼働時間 6時間半(使用頻度、稼働状態による) センサー 加速度センサー、近距離センサー、500万画素カメラ、マイク8つ、スピーカー2つ
通信方式 Wi-Fi (802.11 a/b/g/n)、4G/LTE URL http://mjirobotics.co.jp/

※掲載されている情報は、取材時のデーターに基づき記載しております。最新の情報や購入方法、ロボットの使用方法の質問などにつきましては、各メーカー及び販売店に直接お問い合わせください。

Tapiaのメーカーサイトへ

関連記事