ドコモのデバイスレンタルサービス「kikito」で⾒守りロボット「タピア」の取扱を開始

コミュニケーションロボットの開発・製造・販売を⾏う株式会社MJIは、NTTドコモのデバイスレンタルサービス「kikito」(キキト)にて、⾒守りロボット「Tapia」(タピア)のレンタルを開始することを発表した。

kikito限定プランは、レンタル期間は29泊30⽇、レンタル利⽤料は2,980円(税込)となる。同社は「タピア、⾒守りロボット、コミュニケーションロボットを検討中の人は、是⾮この機会にお申し込みください」と呼びかけている。


「kikito」とは? 「タピア」とは?

スマートフォンと⼀緒に利⽤できるさまざまなデバイスをレンタルして利⽤できるサービス。「⼀定期間のみ使いたい」、「購⼊前に試したい」という顧客にも気軽に利⽤できるサービスとなっている。

URL︓https://rental.kikito.docomo.ne.jp/

⾒守りロボット「タピア」は、卵型のコミュニケーションロボット。おしゃべりだいすきな 5 歳の⼥の⼦の設定。⾼齢者と離れた家族の安⼼と笑顔をつなぐ、⾒守りが得意な家庭⽤のコミュニケーションロボットとして販売されている。

「Tapia Pocket」(タピアポケット)は「タピア」を活用し、「⾼齢で離れて暮らす親が⼼配」「毎⽇連絡はとれないけど様⼦が知りたい」「顔を⾒ながらビデオ通話でお話ししたい」そんな悩みを持つユーザーが、家にいながら簡単にタピアからあらゆる情報が取り出せて、⽣活が楽しく便利になり家族が安⼼して過ごせるコンセプトの定額制レンタルサービス。「⼈と⼈をつなぐ、⼼のパートナー」を⽬指して、家族のあんしんと笑顔をつなぐ。

kikito 取扱製品
型番: SE100J-C
製品名: タピアポケット版 タピア
主な機能: 会話、ビデオ通話、みまもり(⾒守りカメラ&タピアとの交流履歴の確認)、予定表など
レンタル期間: 29 泊 30 ⽇
レンタル利⽤料: 2,980 円(送料・税込)
詳細は kikito のホームページを参照のこと。
タピアポケット公式 HP: https://tapiapocket.com/

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム