介護福祉ITベンチャーのiSEEDが見守りテレビ電話「タピア」を発売開始 WiFiモデルとSIM搭載モデルをラインナップ

介護福祉ITベンチャーのiSEEDは同社のテレビ電話パルモの姉弟機種として、AI搭載でおしゃべりするパルモ「タピア」を2021年4月8日に発売開始したことを発表した。(上の画像はおしゃべりパルモ「タピア」ホームページから引用。)

コロナ禍の中で「帰省できない」」「施設が面会謝絶で会えない」など、高齢の親と会えない状況が続いている。このような中、iSEEDは従来の見守りテレビ電話「パルモ」と同様に、スマホとテレビ電話が可能で、相手が出ない時に繋げて映像で確認する「見守りモード」機能を搭載している見守りテレビ電話「タピア」を発売開始した。

画像はおしゃべりパルモ「タピア」ホームページから引用

タピアは自分のスマホにタピア専用アプリ「タピアポケット」をインストールして、接続したいタピアを登録することで利用が可能。おしゃべりパルモ「タピア」の利用にはインターネットが必要だが、インターネットが無い場合はSIM搭載モデルを利用することですぐに使用可能。


タピアは以下のような、見守り機能を持つ。

リモート設定 遠隔からタピアの設定が可能
健康チェック 毎日の健康診断登録、登録データを閲覧して見守る機能
スケジュール 薬のみ時刻通知などの設定が可能、声で通知してくれる
自動接続 相手が応答しなくてもテレビ電話接続が可能
ワンタッチコール タピアからワンタッチで特定の相手に繋がる


価格について

おしゃべりパルモ「タピア」WiFiモデルの通常価格は140,800円(税込)。SIM搭載モデルの通常価格は151,800円(税込)。SIM搭載モデルは別途LTE通信料も必要。1日約10分のテレビ電話の場合、1,900円(税抜)。1日20分のテレビ電話の場合は2,980円(税抜)。

なお、同社は現在、新発売キャンペーンとしてWiFiモデル105,600円(税込)。SIM搭載モデル107,800円(税込)で発売している。詳細は以下のページから確認できる。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム