ドコモもロボット業界へ!タカラトミーの新商品「OHaNAS」を共同開発


「しゃべってコンシェル」の技術を応用

株式会社タカラトミー(代表取締役社長:富山幹太郎/所在地:東京都葛飾区)は、株式会社NTTドコモ(以下ドコモ)と共同開発したクラウド型おはなしロボット「OHaNAS(オハナス)」(希望小売価格19,800円/税抜き)を、2015年10月1日(木)から、全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売場、インターネットショップ、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」等にて発売することを発表しました。

クラウド型おはなしロボット「OHaNas(オハナス)」は世界で初めてドコモの”人とロボットが自然な会話を楽しめる「自然対話プラットフォーム」”を活用したロボットです。ドコモの持つ技術を活用することにより、「オハナス」に気軽に話しかけるだけで、ちょっとした疑問に答えてくれたり、ニュースや天気などリアルタイムに変化する最新情報を教えてくれたり、晩御飯の献立を一緒に考えてくれたり、くすっと笑えるジョークを言ってくれたり、何気ない雑談相手になってくれたり、あたかも人と会話するように自然にユーザーをサポートしてくれます。

「ロボットがいる遊び心のある生活」を提案すべく数々のロボット(Omnibotシリーズ)を展開してきたタカラトミーは、これからのロボットを考える中で「ロボットが人間にとってより身近な存在になるには、私たちが、ふと思いついたことを自由に話しかけることができ、それに続く自然な会話のキャッチボールを簡単にできる機能が必要だ」と感じ、約3,000万人のユーザーが使用する「しゃべってコンシェル4」など独自の自然言語処理技術を使ったサービスを提供・研究しているドコモと、共同での企画開発に至った、と開発の経緯を明かしました。


自然な会話を成立させる仕組み

OHaNAS

スマートフォンやタブレットを経由し、意図解釈機能などを持った各種クラウドサーバーに接続することで「オハナス」との自然な会話が可能になり、これまでにない自然な会話によるコミュニケーションが実現。ユーザーの意図を解釈し、サーバーに検索をかけ最適な返答をしてくれます。



料理のレシピを教えてくれたり、その日の天気を教えてくれたり、しりとりをして遊ぶこともできるようですね。

ドコモは長年研究開発をしてきた「しゃべってコンシェル」の技術を利用できる「自然対話プラットフォーム」をパートナー向けに開放しており、「OHaNAS」はそのプラットフォームを採用した初めての製品とのこと。
しゃべってコンシェルを活用したロボットということで、自然言語処理には優れていそうです。今回はタカラトミーとの共同開発でしたが、このプラットフォームを活用したロボットが今後続々と登場してくることに期待したいと思います。

商品名 「OHaNAS(オハナス)」
希望小売価格 19,800円 (税抜き)
サイズ (W)160mm × (H)160mm × (D)160mm
使用電池 単2形アルカリ乾電池3本使用(電池は別売です。)
タカラトミー専用アダプタ(タイプ5U)が使用可能です。
対象年齢 8歳以上
発売日 2015年10月1日(木)
取り扱い場所 全国の玩具専門店、百貨店・量販店等の玩具売場、インターネットショップ等
URL http://www.takaratomy.co.jp/products/omnibot/ohanas/

ABOUT THE AUTHOR / 

望月 亮輔
望月 亮輔

1988年生まれ、静岡県出身。ロボスタ編集長。2014年12月、ロボスタの前身であるロボット情報WEBマガジン「ロボットドットインフォ」を立ち上げ、翌2015年4月ロボットドットインフォ株式会社として法人化。その後、ロボットスタートに事業を売却し、同社内にて新たなロボットメディアの立ち上げに加わる。