「Sota(ソータ)」のデベロッパー向け予約が受付開始したので、注文しました。

朝こちらのメールが届いていました。「Sota(ソータ)」のデベロッパー向け予約受付開始につきまして」。

ということで、早速注文しましたのでレポートを。

今回は、企業・教育・研究機関向けへのデベロッパー版の先行発売という位置付けです。本日7月28日13:00から、8月21日まで予約受付を行うそうです。

メールには以下の注意事項が書かれています。

予約受付終了までに、予定台数以上にご予約いただいた場合、抽選になりますので予めご了承ください。
予約・抽選の状況は順次メールにてご連絡させていただき、予約番号を記載の上、ご注文いただいた時点での正式受注となります。
デベロッパー版は一部機能が搭載されていない機能限定版になります。搭載機能・ソフトウェアに関しては、今後アップデート可能です。

いつもよりも早めにランチを食べて、10分前からパソコンの前で待機します。

Sotaのサイトを見に行くと「Sotaデベロッパー向けご購入予約申し込み」って書いてある!

今回使用可能な機能は「動作再生、音声ファイル再生、顔検出機能、笑顔判定機能、年齢・性別推定機能」。今後搭載予定の機能は「音声認識、音声合成、対話制御 etc..」と。ふむふむ。

「Edison版」と「Raspberry版」があったので、弊社CTOからの希望のあった「Raspberry版」を購入することにしました。

利用規約もしっかり読みます。

製品仕様を読むと、開発環境は初心者向けに「VstoneMagic」が提供。Javaで動作するので、一般的なJavaのライブラリを利用してプログラミングが行えるそうです。

開発者コミュニティサイト「SotaCommunity」もあるので、技術的な問題点が出たら、ここに質問することができますね。

今回のデベロッパー版では、現時点で音声認識・合成・対話機能は搭載されていませんが、2015年10月頃予定のアップデートで対応の予定だそうです。

最後に価格を見ると、本体99,900円(税込)、保守サービスが毎月2,160円(税込)で2年契約だそうです。

2トータルで本体価格と合わせて151,740円。買いやすいお値段ですね!

最後まで読んだんで、送信ボタンをポチり。数分後に、無事予約受付完了のメールが届きました。

ということで、あとは抽選に当たることを願うだけです。当たってー!!!


SOTA fan club japanもどうぞ!

ABOUT THE AUTHOR / 

北構 武憲
北構 武憲

本業はコミュニケーションロボットに関するコンサルティング。主にハッカソン・アイデアソンやロボットが導入された現場への取材を行います。コミュニケーションロボットがどのように社会に浸透していくかに注目しています。

PR

連載・コラム