} 【結果発表】Pepper Innovation Challenge 2015決勝大会(追記あり) | ロボスタ

【結果発表】Pepper Innovation Challenge 2015決勝大会(追記あり)

(2015/12/13 写真と審査員コメント・受賞チームから一言をそれぞれ追記しました)


本日開催されたPepper Innovation Challenge 2015決勝大会の速報です。

pic01

まず審査員により選出された5作品の紹介です。


■介護施設向けJOYSOUNDペッパーアプリ
TEAM JOYSOUND
Pepperが体操、クイズ、カラオケ等の豊富な「コンテンツ」で楽しいレクリエーションを軽快に進行します。

■ペパ電 for Biz
フューブライト・コミュニケーションズ株式会社
ペッパーから電話をかけるアプリ。ペパ電で受付スタイルを再定義します。

■Vipper(ヴィッパー)
チームエビリー
年齢・性別・感情に基いてユーザにあったおすすめ動画を配信するクラウドサービス。

■いきいき脳体操
Team Smart Brain
高齢者の脳を活性化する世界初のロボットアプリ。実証を通じたロボットの可能性を紹介。

■待ちの不満を解消する受付管理アプリAirウェイト
Airウェイト
受付業務を効率化する受付管理アプリです。待つストレスを解消し、顧客体験を向上します。


最優秀賞および各カテゴリ賞の発表および表彰です。

ベスト顧客体験賞
■ペパ電 for Biz

審査員コメント 吉田健一氏
「こういうものがあると面白いと思いました。Pepperがコメントを言ってくれるとは、受付の概念を覆したと思いました。」

受賞チームから一言
「受付の後、Pepperが一言お節介を言う機能は、もともと狭い弊社の事務所に来てもらった時に、フューブライトの本音というアプリを必ず使ってもらってるんです。そこで ”大変なんで仕事をください” と言ってます。それがヒントになりました。」


ベストヘルスケアビジネス賞
■介護施設向けJOYSOUNDペッパーアプリ

審査員コメント 富坂美織氏
「介護施設で皆様が車椅子で安全に認知症の対応ができているのが素晴らしかったでした。Pepperが一緒に体操をするというのが新しくて選ばせていただきました。」

受賞チームから一言
「本当にうれしく思います。介護施設とPepperという組み合わせに可能性を感じてやってきました。開発のメンバーにも無理をいってきました。こういう成果を残せてうれしかったです。」


ベストテクノロジー賞
■Vipper(ヴィッパー)

審査員コメント 清水周一氏
「感情機能をうまく使っていて、リアルタイムにインタラクティブにお客様のご希望のシーンを表示させるのが素晴らしかったです。新しい技術を使いつつ、お客様の満足を満たすように頑張ってください。」

受賞チームから一言
「このプロジェクトに参加を決めてから、短期間だっただけど、メンバーが業務外の時間使ってやってくれました。ありがとうございます。Pepperの可能性がみえてきたので、今後もっといいプロダクトに仕上げていければと思います。」


ベスト接客ビジネス賞
■待ちの不満を解消する受付管理アプリAirウェイト

審査員コメント ショーンK氏
「拡張性に対して非常に可能性を感じました。まだ課題は多いですが、スピードが必要な処理を行う現場や、きめ細やかな感情を読みそれをどこに返してどこに出力するかのダイナミズムを考えた時に、バックヤードの接客のオペレーションに返していたのが好きでした。Pepperで全て完了するんじゃなくて、Pepperを起点にした大きなデータの生態系や流通が起こるという可能性に対して、賞をあげたいと思いました。」

受賞チームから一言
「我々の活動はお店様の本来の活動をサポートするものをつくることです。チーム一丸となってサービスを更に良くしていって、中小企業さんや商いをしている方々をサポートしていきたいと思います。」


最後に最優秀賞!

最優秀賞
■いきいき脳体操

審査員コメント 吉田健一氏
「非常に激戦で、10チームから5チームに選ぶだけで喧々諤々になり、最優秀賞を選ぶのも大変でした。今回のテーマの課題解決をとことん突き詰めてくれた。そして、イノベーションチャレンジということで実証実験を行ってきた点が決め手でした。今後も改善を重ねてください。」

受賞チームから一言
「去年からプロジェクトをはじめて、このような賞をもらえてうれしいです。色々な方にこの賞をお返しするのが私たちの役目だと思います。みなさまご支援お願いします。」


おめでとうございます!

ということで後ほど詳細レポートお届けします!

ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム