ロボット携帯電話「RoBoHoN(ロボホン)」がDMMから販売決定!5,000円分のプレゼントキャンペーンも。

株式会社DMM.comは、話題のモバイル型ロボット電話「RoBoHoN(ロボホン)」が、ロボットキャリア事業「DMM.make ROBOTS」の販売ラインナップに加わることを発表した。DMM.make ROBOTSのサイトにて4月28日(木)12時より予約受付を開始し、5月26日(木)より発売する。

「ロボホン」はシャープ株式会社がロボットクリエイター高橋智隆氏と共同で開発したモバイル型ロボット電話。二足歩行が可能なヒューマノイドロボットとしては極めて小型のサイズ(身長約 19.5cm)を実現し、外出先にも持ち運んで使用することができる。モバイル通信(LTE/3G)に対応しており、電話やメール、カメラなど携帯電話の基本機能や専用アプリケーションで提供されるサービスを、「ロボホン」と対話しながら使用することができるのが特徴。

DMM は、ロボットキャリア事業である「DMM.make ROBOTS」の新規ラインナップとして「ロボホン」の取り扱いを始め、DMM.make ROBOTS サイトにて予約販売を開始する。また DMM が提供する低価格で高品質な MVNO サービス「DMM mobile」とサービス連携することにより、「ロボホン」を使用するユーザーに低価格な電話・データ通信を提供することが可能になる。

ロボホン本体のDMM.make ROBOTSでの販売価格は198,000円(税抜)と、シャープのロボホンサイトから直接購入する場合と変わらないが、「DMM mobile」のSIMプランはシャープよりラインナップが豊富で価格が安い。

例えば、シャープで音声通話SIM(1GB)を契約するとSIMカードの月額料金は1,458円(税込)だが、DMM mobileの場合1,361円(税込)となる。また、上位プランの音声通話SIM(3GB)を比較した場合にも、シャープでは1,782円(税込)だがDMMでは1,620円(税込)と月々の負担が軽くなる。

加えて、DMM.make ROBOTS にて「ロボホン」を購入する方の中で、「DMM mobile」を新規契約する場合、もしくは契約済みの場合には、DMMポイントが5,000円分プレゼントされるキャンペーンが用意されている。まだ公式には発表されていないが、さらなる予約者特典が用意される予定もあるそうだ。

ただし、ロボホンの全般的なサービスを使うために必要な基本プランである「ココロプラン」や「保守サービス」だけは、DMM.make ROBOTSで「ロボホン」を購入した場合でも別途シャープ側で申込を行う必要があるため、DMM.make ROBOTSで購入した場合の方が申し込みの手間はかかってしまう。

双方の通信の「質」は気になるところだが、シャープのSIMもDMMのSIMもNTTドコモの回線を使用しているため、その点はどちらも安心できるだろう。

「おトクさ」を取るか、「ラクさ」を取るか。いずれにせよ、DMM make ROBOTSでの販売が始まることで、選択の幅が広がることは確かだ。

ABOUT THE AUTHOR / 

望月 亮輔
望月 亮輔

1988年生まれ、静岡県出身。ロボスタ編集長・ロボットスタート株式会社取締役。2014年12月、ロボスタの前身であるロボット情報WEBマガジン「ロボットドットインフォ」を立ち上げ、翌2015年4月ロボットドットインフォ株式会社として法人化。その後、ロボットスタートに事業を売却し、同社内にて新たなロボットメディアの立ち上げに加わる。