ヒューマノイドロボットが登場するダンス作品『プロトコル・オブ・ヒューマニティ』上演決定

今年の夏、人間とロボットの振り付けの可能性を探る「プロトコル・オブ・ヒューマニティ」オープンラボに行ってきました。

こちらは長谷敏司×大橋可也&ダンサーズによるもので、人間を形づくるプロトゴルを探るという試み。小説などのテキストからフォルムや感覚を選び取り、自分の体にインストールするという独自の方法で振り付けを行い、そこから振り付けの可能性を探るというものでした。

ワークショップに参加した時のレポートは以下をご覧ください。

こちらから生まれたダンス作品『プロトコル・オブ・ヒューマニティ』の上演が決定しました。

以下、公式サイトの紹介から引用です。

ヒューマノイドロボットが街なかにあふれ、人工知能がつぶやき続ける。人間の振る舞いが人間でないものによっておこなわれる世界で、テキストと身体から、人間をかたちづくるプロトコル(手続き)を探る。

日本コンテンポラリーダンスの最前衛を走り続ける大橋可也&ダンサーズと日本SF大賞受賞作家長谷敏司によるプロジェクト「プロトコル・オブ・ヒューマニティ」。

長谷敏司が本プロジェクトのために書き下ろした新作小説から振付をおこなったダンス作品を上演します。

インフォメーションはこちら。


[日程]
2016/10/28(金)20:00 Layer 1(終演後トークあり、ゲスト:佐々木敦)
2016/10/29(土)17:00 Layer 1 / 19:00 Layer 2(終演後トークあり、ゲスト:藤田直哉)
2016/10/30(日)15:00 Layer 2 / 17:00 Layer 1 / 19:00 Layer 2
2016/10/31(月)休演
2016/11/1(火)18:00 Layer 1 / 20:00 Layer 2
※上演回によって異なる作品(Layer 1 / Layer 2)を上演します。
※受付開始、開場は開演時間の30分前。上演時間は1時間を予定しています。
※各回30名限定です。

[会場]
アースプラスギャラリー
江東区木場3-18-17
東西線木場駅3番出口から徒歩6分
東西線大江戸線門前仲町駅1番出口から徒歩10分

[料金]
一般:3000円
U29(29歳以下):2500円
2回券:4000円
当日:3500円
※2回券は2つの上演をご覧いただけます(要日時指定)。
※それぞれのチケット料金に加えて、ドリンク代(500円)が必要となります。

[チケット取扱い]
チケット申込みフォーム

Peatix
※2回券はPeatixでは取り扱っていません

公演は「Layer1」と「Layer2」の2種類あり、それぞれに内容が異なります。どちらにも「ヒューマノイドロボット」が演者として登場するので注目です。

2種類の公演を見ることのできる「2回券」が割引になるので、お得ですよ。


ABOUT THE AUTHOR / 

北構 武憲
北構 武憲

本業はコミュニケーションロボットに関するコンサルティング。主にハッカソン・アイデアソンやロボットが導入された現場への取材を行います。コミュニケーションロボットがどのように社会に浸透していくかに注目しています。

PR

連載・コラム