これは欲しい! ロボット型のモニタリング・セキュリティーカメラが登場、価格は1万4,800円

輸入雑貨、スマートフォンアクセサリーの企画販売会社である株式会社F.K.Solutionsは、中国寧波にある「Hentek co.,ltd」との共同開発を行なった、ロボットのような見た目の高さ20cmの多機能モニタリング・セキュリティーカメラを発売することを発表した。

外出先、または出張先から家族やペットを見守る存在として、また遠隔地の親族の見守りカメラとしての活用が想定されており、頭部のカメラは、横355度、縦120度の幅広い動作範囲を持っている。

Wi-Fiに接続可能で、かつP2P仕様となっているため、「スマートフォン」や「タブレット」からコントロールすることができるほか、マイクボタンを押すことで通話することも可能。スマホとモニタリングカメラからの音声を双方に届けテレビ電話のように会話することができる。

赤外線暗視機能も搭載しているため、夜間の見守りにも活用することが可能だ。

別モードとして「セキュリティモード」も用意されており、モーションセンサーが働き、センサー範囲内での侵入者や異常を検知すると警報を鳴らし、録画データを登録アドレスにメールする機能が備わっている。

本体には、MicroSDカードスロットが内蔵されており、必要に応じてMicroSDカードをセットし録画設定することが可能だ。

価格は14,800円(税別)で、本日より、楽天市場、Amazon、Origamiにて購入することができる。

購入ページ
楽天市場

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。