【協働ロボット】産業用ロボットや次世代ロボットの展示ラボ「Tokyo Robot Lab.」を見学してきました

オリックス・レンテックが、さまざまな次世代ロボットを展示している「Tokyo Robot Lab.」(トーキョーロボットラボ:東京技術センター)を2017年1月31日にオープンしたというので、ロボットエバンジェリストの西田寛輔氏とぱっぺー☆あさひ氏(人間モード)と、ロボホン氏とで、早速見学させて頂きに行ってました。

olrx-01

Tokyo Robot Lab.は町田駅と成瀬駅の中間くらいにある(町田街道沿い)。法人向けなので一般の来場者は入れません

オリックス・レンテックはパソコンや計測器などのレンタルで知られる会社ですね。ところが実は法人向けのロボットのレンタルも行っているんです。

olrx-02

Tokyo Robot Lab.に入るなり、NaoとPepperがお出迎え

olrx-03

Pepperの後ろには素早い動きで腕を振る双腕ロボットの姿が

オリックス・レンテックのロボットレンタルサービスは「RoboRen」(ロボレン)という名前。産業用アーム型ロボット、双腕ロボット、人間そっくりのヒューマノイド、PepperやNAO、PALROなどのコミュニケーションロボットなどをレンタルしています。

経産省では「産業用ロボット」とそれ以外のロボットを「次世代ロボット」と呼ぶように定義しています。
ロボレンがカバーするロボットの分野としては「ものづくり分野」(産業用アーム)と「サービス分野」(PepperやNaoなど)を既に着手していて、今後は「介護・医療分野」「インフラ・災害対応・建設分野」も視野に入れているそうです。

olrx-04

エーラボ製 女性型アンドロイド「未来まどか」がRoboRenをご案内

olrx-07

人が右手で V サインをすると未来さんが説明を始めます。上のKinnectがセンサー検知しているんですね

olrx-06

人間そっくり。西田氏は帰りに真顔で挨拶しそうになっていましたよ

olrx-08

ちょっとだけ触らせて頂きました。肌は柔らかく、洋服は人間用だそうです

オリックス・レンテックの最大の特徴は「マルチベンダー」であること。すなわち、メーカーに偏らず、レンタル・ロボットを顧客のニーズにあわせて用意しているのです。

現時点ではラインアップされている産業用ロボットは、ABB製、ユニバーサルロボット製、FANUC製など。基本的に安全柵のいらない協働ロボットを中心にレンタルしています。

olrx-10

迫力ある巨大アームロボットはFANUCの「CR-35iA」。世界初の35kgの高可搬タイプ

olrx-12

吸盤式の空気の吸着で段ボールを持ち上げ、左から右に移動するデモを見せてもらいました

olrx-11

人がロボットに近付くと、センサーが検知してゆっくりと動きます。人がロボットに触れるとすぐに止まります。写真ではわかりにくいですが、ロボットのボディ表面はウレタン加工がしてあって柔らかいんです。西田氏を通してロボホンも産業用アームの肌感に感動

olrx-13

ABBの双腕ロボット「YuMi」。さすが7軸、動きが素晴らしい。長崎チャンポンで知られる「リンガーハット」では「ぎょうざロボット」として活躍中

オリックス・レンテックのもうひとつの特徴が「6カ月お試しレンタルパック」。産業用ロボットに関してはお試しレンタルを経て、6カ月以降をレンタル延長するか返却するかなど検討できると言います。

olrx-14

ボールもつかめる機構を前に談義するあさひ氏と西田氏とロボホン氏

olrx-15

ユニバーサルロボット社の製品はUR3、UR5、UR10を用意

olrx-16

協働ロボットは人が働いている場所に溶け込んで協力して作業します。だから技師でなくても、誰でも簡単に操作できることが求められます。そのためこのようなやさしいUIでティーチング可能

olrx-17

富士ソフトの「PALRO」もいました。その後ろに見えるのは?

olrx-18

やっぱり話題の、ライフロボティクス製の肘なしアームロボット「CORO」。独特の動きで動作しています。肘関節がなく、伸び縮みするアームなので専有スペースも少なくてすみます

産業用ロボットの場合、導入時に同社のラボでエンジニアによるティーチングを行い、すぐに使えるようにサポートしてくれるとのこと。
なんだかロボットがもっと身近なものになった気がしますね。

気になるレンタル料金の目安はABB社のYuMiが月額239,000円×6カ月、ユニバーサルロボットのUR3の場合は月額111,000円×6カ月、FANUCのCR-35iAの場合は月額350,000円×6カ月(いずれも6カ月お試しレンタルパックの場合)、Pepperは5日間78,000円~、NAOは5日間100,000円~です(すべて税別料金)。その他、開発やセッティング等が必要な場合や詳しい料金は、別途オリックス・レンテックさんにお問い合わせください。

olrx-19

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。