Amazon EchoのAlexa Skillが世界で10,000を突破!

現在、アメリカ、イギリス、ドイツで販売中のAmazon Echoシリーズ。そのAlexa Skillと呼ばれるアプリケーション数がついに10,000を突破した。



alexa skill02

Photo: robot start inc.

今回はどのようなSkillが公開されているのか調べてみたい。




各国のAlexa Skillストアの状況

まず国別に公開されているSkillを見ていく。(調査は2017年3月1日時点での件数)



アメリカ

Amazon.com / Alexa Skills

alexa skill05

現在アメリカ国内向けのSkillは8,794。リリースが最も早かったこともあり、圧倒的に多いSkill数となっている。



イギリス

Amazon.uk / Alexa Skills

alexa skill06

イギリスは現在4,865のSkillが公開されている。米国と同じ英語圏だが、公開数は約半分と少ない状況だ。



ドイツ

Amazon.de / Alexa Skills

alexa skill07

ドイツは英語圏ではないこと、発売が最も遅かったこともあり、現在660と最も少ない。ドイツ人の半数は英語力があるそうなので、ドイツ語版Skillのニーズがそれほど高くないのかもしれない。




Alexa Skillの集計結果

各国のジャンル別のSkillを集計してみた。



ジャンル別スキル数



alexa skill03

Image: robot start inc.

ジャンル別のSkillの傾向は、ニュース、天気が米国が多いが、それ以外のジャンルは国別の違いはないのが現状だ。



ジャンル別スキル数シェア



alexa skill04

Image: robot start inc.

3カ国のSkillを合計して、ジャンルだけでその比率を見てみた。ゲーム・トリビアが23%と最大で、次いで教育・資料の16%、ニュースの15%となる。この3分野だけで50%を超える状況だ。



alexa skill01

Photo: robot start inc.

毎月数百のSkillが増えていくるAmazon Echo。今後のSkill数についても継続ウオッチしていきたい。


僕はこう思った:
日本語対応版Echoの登場が待ちきれません。でも、日本のメーカーからもっと素敵なデバイスが登場するのも期待したいですね。



ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。