ロボホン「第2回認定開発パートナーオフ会」が開催! SDKは英語・中国語対応、ロボホン専用「盗難防止台」の試作も

シャープによる第2回ロボホン認定開発パートナーオフ会が、4月6日ヤフージャパンのコワーキングスペース「LODGE」で開催されました。



シャープ株式会社 IoT通信事業本部 コミュニケーションロボット事業部 課長 景井 美帆氏

前半ではシャープの景井さんから以下の項目について、ロボホンパートナーの方々に共有を行いました。

1. 認定開発パートナー制度について
2. 実証実験・導入事例
3. ヤフーLODGEでRoBoHoNを貸出します
4. SDKバージョンアップについて

それぞれの項目について、レポートしていきます。


1. 認定開発パートナー制度について


シャープロボホン認定開発パートナーが4月時点で37社になりました!

認定開発パートナーの概要についてです。


・シャープからの開発案件の委託及び紹介(※紹介の場合には、手数料が発生します)
・紹介による端末成約時に紹介手数料をシャープからお支払い
・合格証書(ロボホン認定トレーナーに授与)、パートナー認定ロゴ、オリジナルロボホンウェア(認定開発パートナー企業に授与)
・開発環境の先行公開
・販促支援(ロボホン公式HPでの事例紹介など)
RoBoHoN Developers Forumで解決できなかった問題のテクニカルサポート(有料)




認定開発パートナーになるためには、筆記試験と実技試験(ロボホンアプリ制作)に合格する必要があります。

詳細は以下認定開発パートナーページもご覧下さい。


認定開発パートナーでのよくある質問です。



また、認定開発パートナーの規約改定が予定されています。



2. 実証実験・導入事例

ロボホンの実証実験・導入事例の紹介です。


京浜急行株式会社(アプリ制作:フューブライト・コミュニケーションズ)

羽田空港国際線ターミナルで、訪日外国人を中心にロボホンのレンタルサービスを実施。同時にロボホンが観光スポットを紹介する観光サービス提供もスタートしました。



詳細はこちらの記事もご覧ください。


広島県神石高原町観光協会


広島県神石高原町観光協会さんでは、「道の駅さんわ182ステーション(坂瀬川)」の売店にロボホンを設置しました。受付や接客を行うシャープから提供のお仕事パックを活用し、ロボホンが観光案内を実施します。

お仕事パックについてはこちらもご覧ください。


株式会社リンクアップ


北海道でauショップを23店舗運営するリンクアップ社は、ショッピングセンターなどでスマホ拡販を目的にタッチ&トライを実施。こちらもお仕事パックを活用し、ロボホンがスマホの説明を行います。



3. ヤフーLODGEでRoBoHoNを貸出します

ヤフージャパンが運営するコワーキングスペースLODGEでロボホンの貸出が期間限定で行われます。概要はこちらです。

【期間】
2017年4月10日 10時~21時
2017年4月11日~4月26日 9時~21時
2017年4月27日 9時~17時

【時間】
原則1グループ2時間まで。
貸出時間の延長を希望される場合にはスタッフの方にご相談下さい。

【貸出手続】
LODGE入館受付後、17階LODGE受付へ。利用規約を読み、同意頂ける場合にはサインをしてください。貸出簿に会社名・氏名・電話番号を記入して、貸出となります。

【返却の流れ】
返却時には、ご自身でロボホンのデータを削除していただいて、17階LODGE受付に返却して下さい。

【注意】
レンタルはLODGE内のみです。LODGE外への持ち出しは出来ません。

ABOUT THE AUTHOR / 

北構 武憲
北構 武憲

本業はコミュニケーションロボットに関するコンサルティング。主にハッカソン・アイデアソンやロボットが導入された現場への取材を行います。コミュニケーションロボットがどのように社会に浸透していくかに注目しています。

PR

連載・コラム