今回も最速「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第3号を開けてみた! 世界のロボット大図鑑がおすすめです

本日発売、毎週楽しみにしている「週刊鉄腕アトムを作ろう!」の第3号が編集部に届きましたので、今回も最速でレビューしたいと思います!



こちらが第3号。本日4月25日発売、価格は1,843円(税別)です。



今回付いてくるパーツはこんな感じ。胸後部と、テスト基板用プレート、台座など、全部で8種類のパーツが付いてきます。今週からビスも入っていて、組み立て感が増してきました。



そして! 今週号には面裏6ページに及ぶ「世界のロボット大図鑑」が付いてきます。こちらはロボットスタートが作成のお手伝いをさせて頂きました。頑張って作ったので、ぜひご覧頂きたいです。



また今週号には、鉄腕アトムの設計図が特別付録として付いてきます。切り取りも可能なので、お部屋とかに飾っておきたい代物です。



3号分をまとめてみました。結構集めてきた感がありますね。

今号では、とのさまラボの西田寛輔さんとロボスタ編集部の神崎がインタビュアーとして紙面作成に協力しています。西田さんから写真を頂いたので掲載します。


りんなの取材をした時の風景です

ATOMと一緒にゲームで遊んだ! 3画面楽しい。

インタビュー風景はこんな感じ!

第3号には、富士ソフトさん、NTTドコモさんといったATOMの開発チームへのインタビューや、マイクロソフトさんのりんなの”保護者”と言われる坪井さんへのインタビューが掲載されています。「ATOMに搭載されているAIがなぜシナリオ型なのか?」 「『りんな』はなぜシナリオ型のAIにしなかったのか?」などなど、AIの秘密がわかるかも!

さらに、人工知能の最先端の研究を進める東京大学の松尾豊先生へのインタビューも掲載されており、とても読み応えがある冊子になっています。



今週も書店へ急げ!

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム