家電量販店ノジマとスーパー三和が荷物運びロボット「Budgee(バジー)」の実証実験、コンシューマー向けのロボット販売を視野

家電量販店ノジマとスーパー三和は、米国ニュージャージー州の「5 Elements Robitics」社が開発した荷物運びロボット「Budgee(バジー)」の実証実験を共同で行うことを発表した。
実証実験では、ノジマモール横須賀のノジマ、三和に来店した顧客が店内でショッピングした荷物や、購入した商品を駐車場のクルマまで運ぶ手伝いを「バジー」が行う。

photo:5 Elements Robitics

「バジー」はアメリカのゴールデンスティービーアワードで、2015年技術革新賞とコンシューマ・エレクトロニクス新製品賞を受賞したロボット。センサーで利用者の後を自動でついていく機能と、スマホのアプリによるリモコン操作で動かす機能があると言う。本体にはセンサーが搭載されており、障害物を感知して自動で停止する機能も備える。

自動で追尾する(photo:5 Elements Robitics)

スマホでリモコン操作もできる(photo:5 Elements Robitics)

ロボットのサイズは、幅457mmx奥行571mmx高さ1066mm、9.52kg。充電時間は3時間で、稼働時間は10時間。

■プロモーション動画(英語)

この実証実験のリリースは「コンシューマー向けのロボットの販売に向けて」と銘打たれていて、同ロボットの販売を視野に入れている。
実証実験を平成29年5月24日から平成29年5月26日の期間で神奈川県内のノジマモール横須賀店および同モールの株式会社三和と共同で開始する。

実証実験期間 2017年5月24日(水)~26日(金)
[1] 11:00~12:30
[2] 14:00~15:30
場所 ノジマモール横須賀
ノジマ、三和
〒238-0013
神奈川県横須賀市平成町3丁目28-2
実験内容 モール内、駐車場でのお客様の荷物運びの手伝いを行う


関連サイト
5 Elements Robitics

ABOUT THE AUTHOR / 

神崎 洋治
神崎 洋治

神崎洋治(こうざきようじ) TRISEC International,Inc.代表 「Pepperの衝撃! パーソナルロボットが変える社会とビジネス」(日経BP社)や「人工知能がよ~くわかる本」(秀和システム)の著者。 デジタルカメラ、ロボット、AI、インターネット、セキュリティなどに詳しいテクニカルライター兼コンサルタント。教員免許所有。PC周辺機器メーカーで商品企画、広告、販促、イベント等の責任者を担当。インターネット黎明期に独立してシリコンバレーに渡米。アスキー特派員として海外のベンチャー企業や新製品、各種イベントを取材。日経パソコンや日経ベストPC、月刊アスキー等で連載を執筆したほか、新聞等にも数多く寄稿。IT関連の著書多数(アマゾンの著者ページ)。

PR

連載・コラム