Google Assistantが日本語版で登場、Android端末で利用可能に!

本日より、Android搭載スマートフォン向けに、日本語版Google Assistant(Google アシスタント)の提供が開始された。



Photo: Google

Google Assistantは自然言語処理でやりとりできるアシスタントで、会話で、したいことを調べたり、やりたいことをサポートしてくれるというものだ。米国で広がっていたこのアシスタントが日本語版として登場したことは歓迎したい。


使い方は簡単だ。スマートフォンのホームボタンを長押しするか 「OK, Google」と声をかけるだけで、Google Assistantは起動する。



Photo: Google

使用例として公式サイトで紹介されているのは、タイマーセット、曲の選択・再生、メッセージ送信、写真検索などがあげられている。


気になる対応デバイスだが、Android 7.0 Nougat と Android 6.0 Marshmallowに対応しており、今日から今後数週間をかけて、自動的に使えるようになるという。


僕はこう思った:

Google Home日本語版もこのGoogle Assistantが搭載されているわけで、事前に是非触っておきたいですね。




ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。