ネスカフェとPepperが連携、好みのコーヒーをPepperが提供する「ロボカフェ」ソフトバンクショップにて試験的に導入

ソフトバンクロボティクス株式会社とソフトバンク株式会社は、コーヒーマシンと連携したPepperが、顔認証機能を活用してユーザーを記憶し、無料でコーヒー(ネスカフェ)を提供するサービス「ロボカフェ」を2017年7月19日から8月2日まで試験的に導入する。

対象店舗はソフトバンク銀座、ソフトバンク表参道、ソフトバンク六本木の3店舗の予定だ。同社によると、人型ロボットがユーザーを記憶し、好みのコーヒーを提供するサービスは国内初とのこと。

なお、同サービスは、ロボアプリマーケット for Bizで8月上旬以降に提供予定のPepper for Biz向けロボアプリ「ロボカフェ」を活用しており、Pepper for Biz導入企業は「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ i[アイ]」と連携させることで、同様のサービスが実現可能となる。



■ Pepper for Biz 無料アプリ「ロボカフェ」




利用時の流れ

対象店舗来店時、Pepperを介して、好みに合わせて味の調整が可能なコーヒーを注文。コーヒーマシン「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ i[アイ]」から自動で抽出後、「お友達登録」することで注文者の顔と好みのコーヒーをPepperが記憶して、再来店時や別の店舗に来店した際にも好みのコーヒーを提供する仕組みだ。

また、コーヒー抽出中の待ち時間を利用してアプリ連携機能で設置場所に応じたPRコンテンツを提供することもできる。


初回利用時

Pepperが来店者にネスカフェを勧める。「エスプレッソタイプ」「ブラック」「ブラック(マグサイズ)」の中からベースとなる「ネスカフェ」の種類を選択し、コーヒーや水の量を調整することで、好みのコーヒーを注文できる。また、コーヒー抽出後、「お友達登録」することで来店者の顔と好みのコーヒーをPepperが記憶する。

(※クリックで拡大)



2回目以降

「お友達登録」をしている場合、Pepperが来店者の顔を認識しており、前回登録された好みのコーヒーの味を胸のディスプレーに表示。そのまま注文が可能だ。また、コーヒーの味を再度調整することもできる。

(※クリックで拡大)

普通は常連にならないと顔馴染みにはならないものだが、ロボットは一回行っただけで顔を覚えてくれる。ロボットの特徴を活用した良い事例になることだろう。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。