} 品川プリンスホテルが自律走行型デリバリーロボット「Relay(リレイ)」を10月上旬導入へ | ロボスタ

品川プリンスホテルが自律走行型デリバリーロボット「Relay(リレイ)」を10月上旬導入へ

東京・港区の品川プリンスホテルを運営する株式会社プリンスホテルは、2017年10月上旬より客室に荷物を届けるデリバリーロボット「Relay(リレイ)」を導入することを発表した。

同社ではお客の利便性・快適性の向上や業務の効率化を追求するため2019年度を目途に開始する新ブランド「Prince Smart Inn(プリンス スマート イン)」などでICT・AIを活用したホテル運営を行っていく。今回、まずはビジネス特化型の品川プリンスホテル Nタワーにデリバリーロボットを導入し、運用ノウハウの蓄積を図り、「今後のホテル内デリバリーの利便性向上や運用の効率化へ向けた第一歩としていく」としている。


品川プリンスホテル Nタワー

今回導入する「Relay(リレイ)」はシリコンバレーに拠点を置くロボットベンチャー Savioke, Inc.が開発・製造した自律走行型デリバリーロボットで、障害物を回避しながら自動走行し、エレベーターにも自動搭乗し客室のドア前まで到達することが可能な機能を備えている。

Savioke社が公開している、同ロボットの紹介動画

発表された品川プリンスホテルでの取り組みでは、客室から電話でオーダーをすると、スタッフがデリバリーロボット「Relay」に荷物をセットし、ロビーを出発する。エレベーターにも自動で搭乗し、障害物や人を回避しながら移動。到着時には電話でお知らせをし、お客が自らデリバリーロボットから荷物を取り出す。同ロボットはロビーに戻ると自動充電されるという。

運用開始は2017年10月上旬を予定しており、導入台数は1台。

「Relay」導入にあたっては、NECネッツエスアイ株式会社が、ロボットのサービス提供、およびロボットの運用に必要な構内通信機器や自動ドア、エレベーターとの連携のための事前施工などのインテグレーションを担当しているという。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム