機械学習、IoT、自動運転、人工知能の最先端技術セミナー「DENSO A.I. TECH SEMINAR」が今年も開催、金出武雄教授らが登壇

機械学習やIoT、自動運転、新しいモビリティ社会の実現に向けた技術の最前線を語り尽くす、人工知能関連のセミナー「DENSO A.I. TECH SEMINAR 2017」が10月14日(土)に東京で開催される。

みどころはまず「招待講演01 : 限られた情報からの機械学習」と「招待講演02 : 分解して高速化 -SVMからDNNのアクセラレーション-」だ。

「限られた情報からの機械学習」は、理化学研究所の革新知能統合研究センター長であり、東京大学教授の杉山将氏よる講演。機械学習とデータマイニングの理論研究とアルゴリズムの開発の権威、画像処理やロボット制御や国内最大級のAI研究拠点「AIPセンター」について興味深い話しが聞けるかもしれない。

「分解して高速化 -SVMからDNNのアクセラレーション-」は、中部大学工学部ロボット理工学科、大学院 工学研究科 情報工学専攻の藤吉弘亘教授の講演。タイトルから想像するに、Support Vector Machineからディープニューラルネットワークについての移り変わりやブレイクスルーについての知見が得られそうだ。


個人的に楽しみなのはトークセッションで「金出武雄教授 × 加藤良文氏」。いつも興味深いビジョン関連の話しを楽しく聞かせてくれるカーネギーメロン大学ワイタカー記念全学教授の金出氏の経験談や知見を、デンソー専務役員の加藤氏がどのように引き出してくれるのか興味津々だ。


日時は2017年10月14日(土) 13:00〜18:30(開場12:30)、地下鉄「大手町」駅からすぐの「SMBCホール」で開催される。
既に一次申込みは締め切られ、最終申込み締切が9月30日、参加は無料。
参加対象は下記について興味やある程度の知識がある方。
人工知能の最先端現場の頭脳に触れてみては如何だろうか。

  • 機械学習
  • 画像認識
  • 信号処理
  • アルゴリズム開発
  • ビッグデータ解析
  • 無線通信
  • 暗号・セキュリティ
  • 組込・制御ソフトウェア

詳細は公式ホームページを参照のこと。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。