【速報】ついにソニーが犬型ロボット「AIBO(アイボ)」の最新モデルを発表! 発売は来年1月11日、価格は19万8千円

11月1日、ソニーは記者向けの新商品発表会を行い、平井一夫社長が登壇。同社が開発する新ロボットを報道陣向けに公開した。

事前に公開されていたティザー動画には、犬のようなサイズのロボットの視点で部屋の中を動き回る様子が映されていた。そして本日発表されたのが、この犬型ロボット「aibo」だ。



平井社長は、「AIにロボティクスという動かす技術、先進の技術を組み合わせることで自社の強みを活かせると考え、複数のプロジェクトが動いている」と語り、その中から同社のエンターテインメントロボットAIBOの最新モデルを発表した。平井社長がAIBOと呼びかけると、袖から3体のAIBOが登場した。

初代AIBOの定価は25万円、1999年7月に発売された同製品は、予約開始から20分で日本向け3,000台の受注を締め切るほどの人気を博した。その後毎年新モデルが発売されてきたが、その後生産を中止。本日新たなaiboが発表された格好だ。



可愛らしいデザイン

平井社長から開発チームに開発の指示が行われたのは約1年半前だという。自ら好奇心を持って、人に寄り添いながら、共に成長していくパートナーを目指して開発された。


22軸のアクチュエーターが搭載されている。

今回発表されたaiboは「ERS-1000」モデル。発売は来年1月11日が予定されている。予約開始は、本日11月1日、午後11時1分より。ソニーストアオンラインにて行う。

気になる価格は198,000円で、そのほかaiboベーシックプラン(3年契約)に加入する必要がある。ベーシックプランの価格は一括払いの場合には90,000円。月払いの場合には2,980円となる。またそのほかaiboケアサポートも準備されている。こちらは加入は任意となっており、3年契約の場合には54,000円となる。

続報は追って公開していく。

関連Facebookコミュニティ
aibo fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム