ディープラーニングでリアルタイム制御する双腕型マルチモーダルAIロボットを開発!プログラミングも不要 デンソーウェーブらが開発

従来のロボットシステムでは、多指ハンドを装着した双腕型ロボットアームで、不定形物を扱う複数の作業をロボットに実行させるためには、莫大な量のプログラムを組む必要があった。

ディープラーニングとVR(バーチャルリアリティ)技術を用いることで、人が人に作業を教えるのと同じように、ロボットに作業を学習させることで、不定形物を扱う複数の作業を同一のロボットアームで実現する「マルチモーダルAIロボット」を実現した。
開発したマルチーモーダルAIロボットには、ユーザーによるプログラミングは不要と言う。

開発したのはデンソーウェーブ株式会社、ベッコフオートメーション株式会社、株式会社エクサウィザーズの3社。
VR技術とロボット操作を連携させ、全天球カメラを利用した視覚と触覚に訴えるVRティーチングシステムによって、双腕型ロボットアームの軌道を直感的に教えられるようになった。また、記録された軌道とロボットアームやハンドから得られるセンサー情報をロボットに学習させることで、複雑なプログラムを組むことなく、人の作業を覚えさせることができる。

ベンチャー企業であるイクシー株式会社から多指ハンドの提供を受け、AIロボットの研究で知られる早稲田大学理工学術院の尾形哲也教授からのアドバイスを受けた。産学連携のオープンイノベーション事例としている。


国際ロボット展などで展示

この「マルチモーダルAIロボット」は、東京ビッグサイトで開催される『2017国際ロボット展(11/29~12/2)』のデンソーウェーブブース、および『SCF2017(11/29~12/1)』のベッコフオートメーションブースで展示される。
展示内容は、ディープラーニング技術で学習した双腕型ロボットが、タオルを畳んだり、サラダを盛り付けたりする予定。また、VR技術を活用したVRティーチングシステムの体験も用意される。

また、デンソーウェーブブースでは、11月29日水曜日の14:00から、開発に関わった企業の代表者、開発責任者が集まり、デモンストレーションを交えたプレス向け説明会も行う。これは来場者も自由に参加できるオープン形式で実施されると言う。
興味のある来場者にとって、ロボット開発陣の話を聞けるまたとないチャンスだと言えるだろう。


■展示概要
名称:2017国際ロボット展
期間:2017年11月29日(水)~12月2日(土) 10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト(東京国際展示場)東1ホール デンソーウェーブブース (小間番号IR1-29)

名称:システムコントロールフェア2017
期間:2017年11月29日(水)~12月1日(金) 10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト(東京国際展示場)西1ホール ベッコフオートメーションブース (小間番号1-48)

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。