人に寄り添う小型アシスタントロボットの実現を目指し、「PLEN Cube(プレンキューブ)」を生活支援サービスで活用

PLEN Roboticsとアイラは、パーソナル・アシスタント・ロボット「PLEN Cube(プレンキューブ)」を生活支援サービスで活用するために開発・販売で提携していく。
2018年6月の販売開始を予定している。

「PLEN Cube」はPLEN Roboticsが開発中の一辺が約7.5cmの立方体ロボット。手のひらに乗る小型サイズながら、カメラ、スピーカー、マイクの機能を内蔵している。また、フェイストラッキング、音声認識、などの最新テクノロジーが活用できるとしている。

PLEN Roboticsが開発中の「PLEN Cube」


「PLEN Cube」の特徴

      手のひらサイズのサイコロ型ロボット
      カメラ、スピーカー、マイク、IoT家電コントローラの機能を搭載
      声で簡単操作、音声と首ふりで答えてくれる愛らしさ
      インターネットウェブサービスと組み合わせることが可能

アイラは同社が開発・販売するサービス基盤ソフト『botHUBポータル基盤』のヒューマン・インタフェースとして「PLEN Cube」を活用する。同社は「高齢化が進む中、地方生活支援においてICTの利用による、地域情報の共有、生活の一部としての買い支援、移動手段の確保、介護支援、健康維持などが今後重要になる」とした上で、“人”が意思疎通を行う際に持つ「間」と「動き」をサポートすることはスマートフォンやスマートスピーカーでは難しく、人の動きを連想させる動きをデザインされた「PLEN Cube」が最適と判断した。
赤外線コントローラ、360度旋回可能なカメラ、と4マイクのサポートにより介護、見守り等への応用も視野に入れる。

PLEN Cubeと「iLA botHUB」基盤のシステム構成図

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。