LINEのスマートスピーカー「Clova Friends」で無料のLINE通話が可能に

LINE Clovaアプリの最新バージョン1.0.7以上で使えるようになった新機能「LINE通話」を紹介する。



LINE無料通話

スマホの操作なしで、音声だけでLINEアカウントに友だち登録されている友だちと通話ができるようになる。

事前の設定として、Clovaアプリの「LINEアイコン」をタップ、無料通話の「利用する」をタップ、「友だち設定」をタップ、通話したい友だちの呼び名を指定する必要がある。

コマンド例は「Clova、(呼び名)に電話して」で電話をかけて、話し終わったら「Clova、切って」「Clova、通話終了」と伝える。




実際使ってみたが、スマホを持っていない子供が自宅で決められた範囲で通話する仕組みとしても使うのに非常に良さそうだ。なお、現在対応していない「着信」については今後対応予定とのことなので期待したい。

僕はこう思った:

これはLINEが提供するClovaならではですね。着信も出来るようになったら、かなり便利だと思います。


関連記事(スマートスピーカー / AIスピーカー関連)
ロボスタ / Clova

ロボスタ / 音声アシスタント特集


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。