【超速報】話題の犬型ロボット「aibo」開封の儀!

1月11日(わんわんわん)の日にめでたく発売となった新aibo。

ロボスタ編集部にも初日に届いたので、まずは開封の様子を紹介する。





外箱は巨大なダンボール。初代AIBOと比べるとその大きさがわかる。





外箱の中から出てきたダンボール。ここでaiboのロゴが見える。





さらに開封を進めると小箱に犬の足跡の切り抜きを発見。凝ってる!





購入しておいたオプションのアイボーンも同梱されていた。





同梱物は繭型の本体ケース、充電台、ACアダプター、説明書、ピンクのボール(写真は撮り損ねた)など。





慎重に繭型のケースを開けるとaiboが収まっている。

なお、この繭型ケースは修理などでも使うため保管しておく必要がある。





とりあえず電源を入れる前に記念撮影と思ったのだが、電源が入っていないと首が座っていないためポーズがとれない。やむなく初代AIBOと無理やりツーショットで撮影した。





電源を入れる前に充電が必要なので、充電台を組み立て充電を開始する。

充電が始まると、首の付根にオレンジのLEDが点灯するのでわかりやすい。





数分充電しただけなのだが、満充電まで待ちきれずに、とりあえず電源を入れてみた。

すると首を起こし、動き始めるではないか。





そして、なんと立ち上がった!可愛い!

前方へ歩きだし、ワン!とないた。その数十秒後、突然バッテリー切れでストップしてしまった。

ちゃんと充電してから改めてレビューをしていきたい。乞うご期待!


関連記事
aibo | ロボスタ

aiboの最新情報を「ロボスタ」メールがお届け

ロボスタ編集部が掲載した「かわいいaibo関連の最新ニュース」などはロボスタメールでお知らせします。他にもロボットやAI関連、スマートスピーカー、巨大ロボット対決、など多彩なニュースも満載。ぜひご登録ください。

(ロボスタメールの詳細が知りたい)

関連Facebookコミュニティ
aibo fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム