【転売】新型aiboがヤフオクに出品され話題に

先行予約の段階で予約殺到となり既に入手困難となっている新型aibo。そんなaiboが現在ヤフオクに出品されていると話題になっている。



この出品は260,000円のところ落札者0で終了している。



こちらは残り時間3日で、入札件数2、現在価格501,000円となっている。この価格は定価よりも高い価格だ。

この状況について、Twitterでのつぶやき調べてみると、概ね否定的な投稿が多い状況だ。



現時点では、aiboの次回の販売再開時期は未定となっており、欲しい人がいるのに入手困難な状況が続く限り、まだヤフオクやメルカリに新型aiboが出品される状況はなくならないだろう。



なお、利用規約上、譲渡はどうなのかという疑問もある。aiboベーシックプランの契約者は購入者ご本人様のままと記載されている。もし他人から購入する場合、この点のリスクも考えておく必要がある。


僕はこう思った:

個人的には次の予約で頑張って購入する方が良いかと思います。



関連Facebookコミュニティ
aibo fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム