レオパレス21に導入されている家電リモコン「Leo Remocon」が「Amazon Echo」対応へ

2018年1月19日、株式会社レオパレス21が自社物件に導入している「LeoRemocon」をAmazon Alexaへの対応すると発表した。

レオパレス、AI音声アシスタント搭載の家庭向け端末を来年1月導入へ。年間約1万戸にでお伝えした動きからさらに一歩踏み込んだものになっている。


「LeoRemocon」は赤外線リモコンで動作する家電機器に対して、自宅や外出先からスマートフォン(iPhone/Android)で様々な家電をコントロールすることができる家電製品。2016年10月よりレオパレス21の新築物件に標準採用し、2017年12月時点で全国7,486戸に導入済みだという。


もともと「LeoRemocon」はグラモが開発・提供している「iRemocon」をレオパレス21に向けて専用設計した商品だ。





今回この「LeoRemocon」がAmazon Alexaの音声制御に対応したという。

これにより、レオパレス21の入居者がAmazon Echoを購入することで、「アレクサ、○○○○」と話しかけるだけで照明の操作が可能になるという。

現時点では照明操作のみだが、今後テレビ、エアコン操作など機能拡大予定だという。

さらに将来的には「ごみの日を教えて」などの生活に関する質問や、物件の設備に関するトラブルシューティングなど、入居者専用の機能の拡大を検討するという。


関連記事(スマートスピーカー / AIスピーカー関連)
ロボスタ / Amazon Echo

ロボスタ / Amazon Alexa

ロボスタ / 音声アシスタント特集


関連Facebookコミュニティ
Amazon Echo fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム