イギリスのGoogle Home、ハンズフリー通話機能が使えるように!

2018年3月7日、イギリスのGoogle Homeがハンズフリー通話に対応した。この機能は去年のGoogle I/Oで発表され、米国とカナダだけで使えた機能。Google Home Help Forumの投稿で明らかとなった。



ハンズフリー通話は、以下のような音声コマンドで行う。

Hey Google, Call Bonnie’s Flowers
Hey Google, Call Perfect Nails
 (企業名)に電話して
Hey Google, What is the nearest pharmacy? → Call them
 最寄りの薬局教えて → そこに電話して
Hey Google, Call 123-456-7890
 (電話番号)に電話して
Hey Google, Call Dad
 父さんに電話して
Hey Google, Call Bob
 (名前)に電話して
Hey Google, Redial
リダイヤルして(Voice Matchが有効な場合のみ利用可能)
Hey Google, stop/disconnect/end call/hang up.
 電話を切る


連絡先を登録しておけば呼び名で電話可能であり、また多くの企業がもともと登録されているので便利そうだ。

なお、現時点では緊急電話番号(イギリスの場合999と112)は対象外となっている。


僕はこう思った:

早期に日本でも使えるようにして欲しい機能のひとつです。


関連記事(スマートスピーカー / AIスピーカー関連)
ロボスタ / Google Assistant

ロボスタ / Google Home

ロボスタ / 音声アシスタント特集


関連Facebookコミュニティ
Google Home fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム