Facebookがスマートスピーカーのような電子デバイスの特許出願?

Facebookが出願した特許資料にスマートデバイスらしいハードウェアが掲載されたと話題になっている。


2016年12月29日に出願された「電子デバイス」と題された特許出願資料。垂直および水平モードで利用可能なデバイスのようだ。

水平にした場合、音声デイバスになる。

垂直にすると画面+6つのボタンが現れる。

なお特許出願資料にはこのデバイスの内部構造や機能に関する情報は含まれていないという。

特許資料に登場するデバイスが、このままの形で製品化されることもあるが、全く違う形で製品化されることもある。とは言え、妄想を膨らませてくれる資料であることには違いない。

なお「Facebookのディスプレイ搭載スマートデバイスの発表延期、個人情報流出の影響か」でお伝えしたとおり、発表は延期されたものの、2018年後半にはこの製品が登場する可能性が大いにある。続報あり次第お耐えしていきたい。


関連記事(スマートスピーカー / AIスピーカー関連)
ロボスタ / Facebook

ロボスタ / 音声アシスタント特集


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム