【米国】PixelとNexusで「Android Auto Wireless」が使えるように

車載のインフォテイメントシステムのAndroid AutoはスマートフォンをUSBで繋いで使うものだったのだが、ワイヤレスで接続して使う「Android Auto Wireless」も登場した。



車に乗り込む度にスマートフォンをUSBケーブルを接続する手間がなくなり車内もすっきりするなど、ワイヤレス対応ならではのメリットがある。


Android Auto Wirelessに必要な環境
・Android 8.0(Oreo)以上搭載のPixcelまたはNexus
 ・Pixel / Pixel XL
 ・Pixel 2 / Pixel 2 XL
 ・Nexus 5X / Nexus 6P
・Android Auto App バージョン3.1以降
・初期設定時に使うUSBケーブル

対応したデバイスはPixelとNexusと限定的ではあるが、今後サポートが増えていくことが予想される。


僕はこう思った:

あとは車内にQiでワイヤレス充電できるスマートフォン置き場があれば車載システムとして現時点では理想的な環境になると思います。


関連記事(スマートスピーカー / AIスピーカー関連)
ロボスタ / Google Assistant

ロボスタ / Google Home

ロボスタ / 音声アシスタント特集


関連Facebookコミュニティ
Google Home fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム