Panasonic、Googleアシスタント搭載スマートスピーカー「SC-GA10」国内発売へ

パナソニックがGoogle Assistantを搭載したスマートスピーカー(AIスピーカー)、「SC-GA10」を2018年5月25日より発売すると発表した。

「SC-GA10」は、去年のIFA2017にてお披露目されたモデルで、ついに日本導入されるということになる。


Google Homeと違う特長としては、やはり音質へのこだわりだろう。独自の音響技術でコンパクトでも豊かな高音質を実現したという。





・力強い低音が響く「8cmデュアルボイスコイルウーハー」
・ディフューザー搭載で広い空間にも豊かなサウンドを満たす「2cmソフトドームツイーター」
・低音を豊かに再生する「ロングバックバスレフポート」

サイズは約100×284×100mm、重さは約1.7kg。アンプの最大出力合計値は40Wだ。

他の特長として、Chromecast built‐in対応スピーカーと組み合わせて使える「マルチルーム機能」、ディーガにためた音源を簡単に離れた場所でも楽しめる「サウンドジャンプリンク」対応、スマートフォン内の音楽ファイルやディーガに取り込んだ音楽ファイルを再生できる「Panasonic Music Controlアプリ」対応などがある。


(動画はPanasonic UKが公開したもので国内向けとは異なる可能性があります。)

メーカー希望小売価格はオープンだが、店頭予想価格は3万円前後だという。

カラーバリエーションは海外モデルは黒・白の2色展開だったが国内では黒だけのようだ。プレスリリースによれば月産1,000台を見込んでいるという。


関連記事(スマートスピーカー / AIスピーカー関連)
ロボスタ / Google Assistant

ロボスタ / Google Home

ロボスタ / 音声アシスタント特集


関連Facebookコミュニティ
Google Home fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム