NTTドコモ、AIエージェントサービス「my daiz(マイデイズ)」を5月30日から提供開始

株式会社NTTドコモは、日々の生活においてユーザーが必要とする情報やサービスを、適切なタイミングでドコモやパートナー企業よりご提案するAIエージェントサービス「my daiz(マイデイズ)」を2018年5月30日(水曜)より提供開始することを発表した。



「my daiz」は、ユーザー一人一人の行動や状況を学習し、ドコモおよびパートナー企業の提供するエージェントであるメンバー(「my daiz」におけるエージェントの呼称)が、それぞれのユーザーにあった情報やサービスを適切なタイミングでスマートフォンやタブレットに届けるサービス。

メンバーというのは、AmazonのAlexaでいう「スキル」やGoogle Assistantでいう「アクション」のようなものと、LINEのLINE@アカウントを組み合わせたようなもの。外部のパートナーがmy daizにメンバーとして追加機能を提供することができるようになる。


2018夏 新サービス・新商品発表会にて、株式会社NTTドコモ 代表取締役社長 吉澤和弘氏が登壇。様々な製品・サービスがある中で、冒頭に発表されたことからも、同サービスにかける意気込みを感じる

my daizは、ユーザーの状況を先読みして、各メンバーが対話やアプリ内での情報表示、待受画面へのインフォメーション通知で情報提供をしたり、ユーザーが音声操作やタッチ操作によってリクエストした内容に対話で応えてやりとりすることが可能。例えば、ドコモが提供する各種サービスと連携して、コンテンツや商品の検索をしたり、パートナー企業のメンバーと飲食店やタクシーの予約、買い物の相談などを行うことができる。「my daiz」アプリのトップ画面では、それぞれのユーザーの行動や嗜好を把握・学習し、その時々で必要な情報をカスタマイズして表示する。

特にユーザーの状況先読みについては、日々の習慣からユーザーが求めている情報を先回りして把握し、それを元に必要な情報を提供していくというのは、ユーザーにとっても興味深いサービスとなることだろう。



「my daiz」では、天気・交通・アラーム・グルメ・おでかけ情報などの日常生活に関する基本コンテンツおよび各メンバーからのおすすめ情報を無料で提供。さらに、基本コンテンツをより便利に利用できる機能として、天候や交通情報に合わせてアラーム時刻を調整したり、帰宅時間に合わせた傘のリマインドなどユーザーの生活エリアや趣味嗜好にあわせた情報を、「my daiz」が先読みしてインフォメーション通知で知らせる機能については、月額料金100円(税抜)で提供する。なお、現在、iコンシェルを利用するユーザーは、料金は変わらず「my daiz/iコンシェル(月額コース)」として利用することができる。

無料サービス

・日常生活に関する基本コンテンツの対話、アプリ内情報表示による提供
【天気・気象/道路交通情報・ルート案内/グルメ/おでかけ情報/チラシ・買い物メモ/地域行政情報/音声コンテンツ/アラーム/スケジュール&メモアプリ連携/マネレコ®連携(銀行残高照会、クレジットカード請求額通知等、音声操作機能等)/地図/キャラの部屋】
・ドコモおよびパートナー企業が提供するコンテンツの対話、アプリ内情報表示、インフォメーション通知による提供
・電話発信、タイマー起動、インターネット検索などの音声操作

有料サービス

・基本コンテンツのインフォメーション通知による提供
【天気・気象(雨雲アラーム、明日の天気通知、先読み天気通知、警報・気象情報通知)/道路交通情報・ルート案内(鉄道遅延・道路渋滞情報通知、終電通知、出発時間通知)/おでかけ情報(周辺施設・イベント通知、特集通知)/チラシ・買い物メモ(今日のチラシ・特売品通知、安値チラシ通知)/地域行政情報(制度更新通知、広報紙更新通知、カテゴリ別通知、コラム更新通知)/アラーム(早めに出発アラーム、予定リマインド)/スケジュール&メモアプリ連携(今日の予定リマインド)/マネレコ連携(出入金通知、クレジットカード請求額通知、支出額超過通知)】


提供開始時は、ドコモに加え、33の企業や自治体のパートナーと連携し、56のメンバーを提供する。食べログや全国タクシー、日本マクドナルドなどがパートナーとして並ぶ。今後は、パートナー企業を拡大するとともに、サービスの内容も拡充し、より便利なサービスを提供していくことを目指している。

関連Facebookコミュニティ
my daiz / sebastien fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム