ペット向け人工知能ロボットボール「COCOMI」、Makuakeで資金調達中! 1400%超えの大人気

株式会社EFGは、クラウドファンディングサイト「Makuake」にて、ペット用人工知能ロボットボール「COCOMI」の資金調達を行っている。38日の調達期間を残し、本日時点で目標金額30万円に対して1400%となる420万円を調達している。



ペットの抱える問題・課題

同社はMakuakeのプロジェクトページで、ペットの抱える問題・課題を以下のように示している。

あなたは誰かを11時間も待ったことはありますか?実は全世界で約30%のペットが、飼い主と離れることにストレスを感じているという。そして、飼い主と離れて不安な気持ちになったペットは、モノを噛んだり、ひどく吠えたりするなど、様々な問題行動を起こしがちなのだ。(出典:Separation Anxiety in Dogs:An Overview)



ペットのストレスによるうつ病や無気力は、肥満の重大な原因にもなっている。(出典:ペットの50%が肥満、APOP)




そんな課題を解決するペットが一人でも遊べる玩具が登場した。それがペット用人工知能ロボットボール「COCOMI」だ。



ペット用人工知能ロボットボール「COCOMI」とは

「COCOMI」は飼い主がいなくとも自ら自動で動く玩具。ペットに捕まってもそこから抜け出して再び動き出す、球体型の玩具だ。



この玩具を見たペットは自ら動いて逃げていくCOCOMIをキャッチ!しかし、COCOMIはまた逃げていくので、ペットは懸命に走って追いかけていく。



玩具で心配される要素でもある強度や衛生面だが、「COCOMI」は圧力テストをクリアし、さらに生活防水対応のため水洗いでき、水中などでも使用できるという。




Makuakeでは通常価格から40%OFFとなる約1万2千円で購入ができる。魅力的に感じた人はホームページを閲覧してみてはいかがだろうか?

<iframe src="” frameborder=”0″ allowfullscreen>


ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの19歳。現在はロボットスタートでアルバイトをする傍ら、バンタンゲームアカデミー東京校にてゲーム企画を学んでいる。好きなロボットはストライクフリーダムガンダム。好きなゲームはレインボーシックスシージ。好きな四字熟語は十人十色。まだまだロボットはわからないことが多いですが、これからもっと勉強していきます!

PR

連載・コラム