人工知能で日本酒の味覚タイプを判定できる「YUMMY SAKE」サービス、6月15日より体験可能 交流イベントも開催

「Project Yummy」は自分の味覚に合った「本当においしい」を追求している。このたび、人工知能とブラインドテイスティングによる日本酒の味覚判定サービス「YUMMY SAKE」(ヤミー サケ)の提供を開始した。

同サービスは10種類の少量ずつの日本酒を、銘柄や解説を伏せて味わい、専用のWEBサイトで5段階評価を入力するだけで、その人の舌のタイプを判定するというものだ。味覚のタイプは、「キュンキュン」「シャラシャラ」など、オノマトペ(擬音語)で表現できる12のカテゴリーに分類され、難しい用語や専門的なルールを知らなくても誰でも直感的に日本酒を選べるようになっている。


「YUMMY SAKE」が体験できる、渋谷GALLERY X BY PARCO「BAR YUMMY SAKE」が5月30日(水)より5日間限定でオープンした。このイベントで予約チケットが完売し、キャンセル待ちがでるほどの大盛況であった同サービスは、6月15日(金)から未来日本酒店 DAIKANYAMAと未来日本酒店 KICHIJOJIにて体験できるようにした。

ここでは、判定されたオノマトペをスタッフに伝えれば、味覚タイプに合った日本酒を提案してもらえる他、日本各地の蔵元と提携し、判定結果に合わせた12種類のオリジナル日本酒「オノマトペ酒」も同店舗と同店ECサイトで購入可能。なお、体験可能店舗は今後全国で順次展開予定とのことだ。


YUMMY SAKE判定画面。少量10種の日本酒を、銘柄や解説を伏せて味わい、WEBで5段階評価するシンプルな操作で味覚のタイプを判定。テイスティングする日本酒のセレクトや、味覚判定のAI技術は、利き酒師と共に開発されている。(※クリックで拡大)


Project Yummyとは

情報に惑わされず、自分の味覚に合った「本当においしい」と思えるものを提供することを目指した、未来酒店と博報堂アイ・スタジオのデジタルクリエイティブラボHACKistを中心としたプロジェクト。味覚データを活用したサービスデザイン・研究開発をベースに、将来的には地方の小規模な生産者と生活者をマッチングさせ、地方創生などの新たなビジネスの創出を目指していくとしている。



今後の展開について

今後、味覚判定サービス「YUMMY SAKE」の導入店舗を拡大し、まずは日本酒をきっかけに「本当においしい」を追求していくと述べている。



YUMMY SAKEアプリの開発

味覚判定サイトをベースに、サービスを体験できる店舗の検索や、味覚が合う人同士の交流イベントへの招待、またECサイトで自分の味覚に合った日本酒を選べるスマートフォンアプリの開発を検討。

サービス店舗の拡大

全国の飲食店や百貨店、ホテルなどでの導入を予定。


味覚が合う人同士の交流イベントの実施

「KYUN KYUNパーティー」など、味覚が合う人同士が集まるイベントの実施を検討。飲食店で判定結果を見せると、好みにあったおつまみも用意されているといった仕組みを想定しており、第一回として6/25(月)に未来日本酒店代官山で「SHARA SHARAパーティ」の開催を予定している。


関連サイト
YUMMY SAKE公式サイト

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム