タカラトミー「ZOIDS(ゾイド)」ステージにFUJIWARA、品川庄司、はんにゃが登場!「ゾイドワイルド」の魅力を力説 6/23発売

12年ぶりの新作となる、タカラトミーの組み立て駆動玩具「ゾイドワイルド」(全6種類、税別価格3,000円)の発売日が、いよいよ6月23日に迫り、ワクワクしているファンも多いことだろう。ゾイドは、恐竜や動物をモチーフとした“メカ生命体”だ。最新の「ゾイドワイルド」はリアルムービングキットに進化した。電動モーターもしくはゼンマイが付属し、組み立て完了後にまるで本物の生命体のように動き出すことが特徴となっている。
開催中の「東京おもちゃショー2018」のタカラトミーのブースでは、入口にZOIDSコーナーが設けられ、迫力のある巨大なワイルドライガーとギルラプターが来場者を迎えている。

タカラトミーブースの入口では大迫力のZOIDSが待ち構えている

ワイルドライガー[ライオン種]

ギルラプター[ディノニクス種]

また、7月からはそれと連動するようにアニメ「ZOIDS ゾイドワイルド」が毎週土曜日あさ6時30分、TV放映(MBS/TBS系列)がはじまる予定だ。


豪華なお笑いタレント陣によるゾイドワイルドステージ

これらを記念して「東京おもちゃショー2018」のタカラトミーブースでは、昨日、お笑いタレントの「FUJIWARA」「品川庄司」「はんにゃ」が登場し、ゾイドの魅力を次々に紹介した。

ゾイドは詳しくない、というFUJIWARAのふたり

ZOIDSのことをあまり知らないというFUJIWARAのふたりに、品川庄司と、はんにゃがゾイドで遊んだ記憶や魅力をコミカルに解説。

「品川庄司」と「はんにゃ」の4人がゾイドの魅力をプレゼンすることに

品川庄司のふたりは、ゾイドのすごいところを「デザインがすごい」「組立がすごい」と紹介。

品川庄司のふたり

はんにゃは「動き出すのがすごい」ことをプレゼンで力説、金田氏はゾイドの恐竜モノマネで場内を沸かせた。

はんにゃのふたり

最後に全員でゾイドワイルドの実機で必殺技「ワイルドブラスト」を体験。童心に返ったように楽しんでいた。

ZOIDSの精巧なしくみに思わず真剣に見入る

かつてゾイドを楽しんだお父さんと、これからZOIDSを楽しむ子どもが家族で楽しめる第三世代「ZOIDS」の世界。お笑いタレントたちも楽しんだようだ

その様子は下記の動画を参照。

■「ゾイドワイルド」ステージにFUJIWARA、品川庄司、はんにゃ」が登場

ABOUT THE AUTHOR / 

神崎 洋治
神崎 洋治

神崎洋治(こうざきようじ) TRISEC International,Inc.代表 「Pepperの衝撃! パーソナルロボットが変える社会とビジネス」(日経BP社)や「人工知能がよ~くわかる本」(秀和システム)の著者。 デジタルカメラ、ロボット、AI、インターネット、セキュリティなどに詳しいテクニカルライター兼コンサルタント。教員免許所有。PC周辺機器メーカーで商品企画、広告、販促、イベント等の責任者を担当。インターネット黎明期に独立してシリコンバレーに渡米。アスキー特派員として海外のベンチャー企業や新製品、各種イベントを取材。日経パソコンや日経ベストPC、月刊アスキー等で連載を執筆したほか、新聞等にも数多く寄稿。IT関連の著書多数(アマゾンの著者ページ)。

PR

連載・コラム