アマゾンが大阪・茨木に配送センターを9月開設へ Amazon Robotics導入の国内2拠点目

総合オンラインストアAmazon.co.jpは、国内2拠点目となる「Amazon Robotics」を導入した新たな物流拠点「アマゾン茨木FC(フルフィルメントセンター)」を開業すると発表した。稼働開始は2018年9月を予定している。

Amazonでは、お客からのニーズに応えることに加え、品揃えの強化を図るために、日本のFCネットワークの規模を拡大している。また、FC ネットワークの拡大により、Amazon マーケットプレイスに出品する販売事業者のオペレーションを支援するとともに、お客へ迅速な配送を提供することも目指している。

「Amazon Robotics」は、商品棚の下にロボットが入り、棚を持ち上げ、FC内を移動する仕組み。ロボットが商品棚を作業員の前まで運ぶことにより作業員が歩く必要がなくなることで、入荷した商品の棚入れ時間と、注文商品の棚出し時間の削減につながるとしている。

今回の発表にあたり、アマゾンジャパン合同会社 社長 ジェフ ハヤシダ氏は、次のようにコメントしている。

国内で2拠点目となる『Amazon Robotics』導入の物流拠点を大阪府茨木市に開業することができ大変嬉しく思います。西日本を含む全国のお客様に、より快適なオンラインショッピング体験を提供したいと考えています。今後も、地域社会に根ざしたFCづくりを展開してまいります。

アマゾン茨木FC(フルフィルメントセンター)は大阪府茨木市松下町2-1に拠点を置き、延床面積は約19,300坪。Amazonは技術職やコーポレート職など1000名の新規採用も発表している。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム