ソニーのロボット「Xperia Hello!」、25組限定無償レンタルモニター応募を開始

ソニーは、本日よりコミュニケーションロボット「Xperia Hello!」のモニター受付を開始した。25組限定で、応募期間は7月1日まで。無償レンタルモニターとして「Xperia Hello!」との暮らしを体験できる。


ソニーによれば、一人暮らしの高齢者は現在約656万人いると言われているという。そんな高齢者に向けて、ソニーは、離れて暮らす家族の架け橋としてコミュニケーションを活性化させ、つながりを豊かにする「Xperia Hello! 」を取り入れた生活を提案している。

「Xperia Hello!」は、自発的に動き、音声だけでなくしぐさや表情で会話を楽しめるコミュニケーションロボット。声をかけるだけで簡単に、LINEメッセージのやり取りや、Skypeでの音声・ビデオ通話、家族へのビデオ伝言を残すことができ、またLINEを使って外出先から家族や家の中の様子を見守ることも可能。



離れて暮らす家族とも、「Xperia Hello!」を通じて気軽にコミュニケーションを取ることできるため、絆を一層深めることができる。


LINEからXperia Hello!に家族の様子を尋ねると、いつその人を見たかを教えてくれる。いつも通り健康に生活していることを、遠くから見守ることができる。

さらに「Xperia Hello! 」は搭載のカメラで家族の顔を認識し、興味のあるニュースやよく使う路線の情報など、その人に合った情報を能動的に提供する。もちろん、「Xperia Hello!」との会話を楽しむことも可能だ。

そして本日、一人暮らしのおじいさんの前に現れた、「Xperia Hello!」が姿を変えた不思議な少年とおじいさんによる、心温まるスペシャルムービーも公開された。おじいさんと息子家族との絆を「Xperia Hello! 」が深めていく姿につい見入ってしまう。

離れて暮らす家族を見守るロボット「Xperia Hello!」の価格は、ソニーストアでは149,880円(税別)。体験したい方は、まずはモニターキャンペーンに応募してみるのも良いかもしれない。



Xperia Hello!の3つの特長

コミュニケーション

スマートフォンの操作が苦手なお年寄りでも、メッセージを音声操作で送信できる。またご家族から受信したメッセージは、Xperia Hello!があなたを見つけると能動的にも読み上げる。Xperia Hello!に声をかけるだけで、簡単にメッセージや通話を楽しむことができ、LINEを使ってメッセージを送受信したり、Skype(TM)で音声通話やビデオ通話、さらに家族にビデオ伝言を残すこともできる。スマートフォンの操作が苦手なかたでも簡単に連絡できるのが特長だ。


見守り機能

家の外からでも、LINEで簡単に家族や部屋の中の様子を見守ることができる。LINEを使って、外出先から家の中の様子を確認可能¥。Xperia Hello!が家族を見かけた時間や、部屋の中を360度撮影した画像をスマートフォンから確認することができる。


インフォテインメント

顔の認識機能により、家族それぞれに合った情報をXperia Hello!が能動的に伝える。興味のあるニュースやよく使う路線の障害情報、天気予報やイベントのリマインダー、メッセージを能動的にお知らせしてくれる。個人に合わせた的確な情報提供は、忙しいご家族にも嬉しい機能。ふと調べたいことをウィキペディアで検索もでき、好きな音楽をYouTubeで聞いたり、ラジオ再生やテレビの操作も楽しめる。

関連Facebookコミュニティ
Xperia Hello! fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム