【W杯開幕記念】おじさんもお姉さんも熱中! 「サッカーボーグ」6体で試合してみた!

4月末にタカラトミーから発売された、オムニボットシリーズの「サッカーボーグ」。ラジコンのようにサッカーロボットを操作して、試合をすることができます。そんなサッカーボーグをロボスタ編集部で6体入手しましたので、3vs3の試合をしてみました! その白熱の模様をレポートしていきます!



サッカーボーグとは


試合レポートの前に、まずはサッカーボーグの紹介から。サッカーボーグは、移動性能をもち、キックもできるサッカーロボット。メーカー希望小売価格は4,500円から5,000円(いずれも税別)、2体セットでの販売も行われています。ラジコンで、前後への移動、左右の回転ができ、左足・右足それぞれキックができます。左右でグラウンダー、ループなどキックを使い分けることができるのです。


本体写真。計6種類のモデルがある。ロボスタ編集部では6種類のモデルを入手。

付属のコントローラー。上面に前後へ進むボタンや、回転ボタンがあり、下面にはキックのボタンがあります。本体の電源をONにした後に、コントローラーの電源をONにすることでリンクできます。

ボールと、組み立て式のゴールが付属。シールで背番号などカスタマイズできます。

使用電池は本体に単4形アルカリ乾電池3本、コントローラーに2本、計5本の電池が必要です。6体動かす必要があるため、試合にあたり、30本の単4形アルカリ乾電池を用意しました。



サッカーボーグで3vs3、試合開始!

それではここから、おじさん、お姉さんたちが白熱した試合の様子をレポートしていきます!




ブレードの色でチーム分け。赤チームには黒のキーパー、青チームには黄色のキーパーを加えて、3vs3で試合を行いました。



フィールドは2m × 1m。休憩スペースの床の色が緑だったため、サッカーグラウンド感が良い感じ。さぁ試合開始です。GIFで試合の様子をお伝えしていきます。

試合開始。赤チームのキーパー(黒)が、早速ポジションを無視しています。

キーパーが上がってきた隙を突いて、青チームのキーパー(黄)がゴール! 青チームの先制です。

同点目指して赤チームのキーパー(黒)がドリブルで持ち上がるも、シュートミス! ボールはとんでもない方向に…。


お姉さんたちも楽しそうに遊んでいます

再度赤チームのキーパー(黒)が持ち上がり、見事ゴール。先ほどのシュート失敗から学んだのか、シュートせずにドリブルでゴールに突っ込んでいきました。

そして、再び赤チームのキーパー(黒)が持ち上がり、ゴール前で華麗なドリブル。またしてもシュートせずにドリブルで突っ込んでゴール! と同時に試合終了。2-1で赤チームの勝ちでした。



試合をしてみた感想


おじさんから、お姉さんまでみんなが盛り上がることができたサッカーボーグ。盛り上がりすぎて、試合中数々の罵声が飛んでいたため、音声付きの動画の公開はできませんでしたが、かなり白熱した試合でした。複数人で遊ぶと盛り上がります! おすすめのロボットです。



そして、両チーム合わせて計3点のゴールが生まれましたが、なんと点を取ったのは全て両チームのキーパーだったのです(ポジションってなんだっけ)。

また、シュートは難しく、ドリブルでゴールに突っ込むのが一番決定率が良いというのもわかりました。上級者になれば、ロングシュートも決まるようになるのかもしれません。



先週ついに開幕した2018FIFAワールドカップロシア大会。明日19日(火)には日本代表の初戦も行なわれます。サッカーボーグで遊んで、熱を高めて、試合の応援に備えましょう! 頑張れニッポン!




ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム