駅のプラットフォームでAIが安全を監視、実験は目標の90%を上回る、96.2%の検知率を達成!オプティムとアイテック阪急阪神がJR東常磐線 佐和駅にて実施

茨城県のJR佐和駅にて、電車が駅にいないときに、ホーム際の黄色い線より線路側に人や物体が侵入したことをAIが検知するセキュリティカメラの実証実験が行なわれた。AIが検知する割合の目標を検知率90%と設定したが、実験の結果は目標値を上回る96.2%を達成した。
実証実験は2018年2月19日から3月2日の12日間。
OPTiM Cloud IoT OS」で動作するAI監視カメラサービス「AI Physical Security Service(エーアイ フィジカル セキュリティ サービス)」を活用したもので、ライセンス販売・保守サポートサービス事業を手掛けるAI・IoT・ビッグデータプラットフォーム事業を展開している株式会社オプティム、交通関連のシステム業務を行うアイテック阪急阪神株式会社が主導した。JR佐和駅は東日本旅客鉄道株式会社水戸支社管轄の常磐線の駅。

佐和駅での危険エリアへの侵入検知


「OPTiM Cloud IoT OS」
「OPTiM Cloud IoT OS」とは、AIとIoTを繋ぐプラットフォームサービスだ。パソコンのOSのような直観的なインターフェースを持ち、セキュアにIoT端末の管理・制御を行い、IoT端末より取得したデータの蓄積や分析、各種AIの活用、さまざまなクラウドサービスとの連携を可能とする。また、OEM提供含む新規プラットフォームの立上げ、アプリケーション開発・販売の効率的な運用支援の提供を行える。

■【動画】OPTiM Cloud IoT OS




「AI Physical Security Service」とは

「AI Physical Security Service」とは、「OPTiM Cloud IoT OS」で動作するAI監視カメラサービスで、ネットワークカメラなどで撮影されている映像をAIがリアルタイムで監視を行い、異常を検知した際に監視モニター上にアラートを表示する。

管理者へアラートメール送信を行うなど、監視者の負担を軽減するとともに業務の確実性を向上する。さらに、スピーカーなどを用いた情報告知やアラート通知を行うなど、モニター上のアラート通知だけではないさまざまな種類の注意喚起システムとの連携が行える。

※クリックで拡大

今後は、ホーム内での転倒検知や危険エリアでのスマホ利用検知など、AIを活用した安全対策の強化を行う機能の提供を予定しているとのことだ。

「AI Physical Security Service」の詳細
https://www.optim.cloud/services/ai-physical-security/
関連サイト
株式会社オプティム

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム